週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 新たに「関西維新の会」設立? 引退表明の橋下大阪市長が以前にも増して「政治的」だ

ニュース

新たに「関西維新の会」設立? 引退表明の橋下大阪市長が以前にも増して「政治的」だ

[2015年07月20日]

本誌連載中のコラム「衆愚レアリズム宣言!!」より、ジャーナリストの川喜田研氏が“シューグ”な現実と向き合い世の中を見つめなおす!

***

「市長の任期はやり遂げるが、それ以降はもう政治家はやりません」

大阪都構想の賛否を問う住民投票で、有権者にNOを突きつけられた橋下徹大阪市長が政治家引退の意向を表明したのは5月17日のこと。

その橋下氏が「維新の党」を離脱し、新たに「関西維新の会」の設立を目指すのだそうだ。報道によると党の運営、特に代表選の方法や政党交付金の扱い方について、ご不満なのだとか…。

7月4日に大阪で行なわれた「大阪維新の会」の会合では「原点に戻り、単独でやっていける仕組みに作り直さなければならない。維新の理念は地方分権であり、関西に視野を置くべきだ」と語り、「関西の単位でいつでも国政政党にできるようにする」と新党結成への意欲を示したという。

「おいおいアンタ、政治家を引退したんじゃなかったのかよ?」と思わず突っ込みたくもなるが、橋下氏は一応「市長は任期までやる」と言っているので、任期満了の12月18日までは「現役の政治家」ということなのだろう。

だがその橋下氏、引退の意向を表明した5月の記者会見では次のように語っている。

「自分なりに悔いのない、政治家としてこれまでの7年半思う存分やらせていただいた」、「戦を仕掛けて(反対派を)叩き潰(つぶ)すとまで言ったが、こちらが叩き潰された。これが民主主義なんです」、「僕は今回、住民の皆さんの気持ちをくめていなかった。そういう人が政治家をやってはいけない」

たった2ヵ月前にそんなコトを言っていた人間が、つい先月6月14日には維新の党の松野頼久代表の頭越しに安倍首相と3時間にも及ぶ会談を行ない、党執行部の方針が気に入らなければ、大阪維新の党の「手勢」とともに党離脱や新党結成をチラつかせる…。その「言葉」と「行動」のギャップに強い違和感を覚えるのは、果たして筆者だけだろうか?


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!