週プレNEWS TOP ニュース アイドル 胸が大きすぎて汗だくなグラドルが夏に抱えている悩みとは?

ニュース

胸が大きすぎて汗だくなグラドルが夏に抱えている悩みとは?

[2015年08月15日]

計4kgの容量を毎日肩から下げて生きる柳瀬早紀ちゃん。そのシタチチノナカはトンデモない事態に!?

一年中、肩こりなのは当たり前。夏になれば、あせもの悩みや浴衣の悩みなどなど「おっぱいの困った」はさらに増えるという。

そこで、大きなバストの美女たちが抱える夏の悩みと、こっそり行なっているその解消法を微に入り細に入り聞いてみた。

男にとっても憧れの大きなおっぱいだが、しかしその持ち主は夏が来るたび、男の前では決して話せない悩みをいくつも抱えるという。まずは最近“やなパイ”として今や崇拝の対象となっているⅠカップ・柳瀬早紀ちゃんから!

「夏は皆さんが予想していらっしゃる通り、やっぱり問題は汗!なんです。下乳の中がもうとにかく大変で…」

―シタチチノナカ? ああ、胸とおなかが重なる部分のことですね。

「はい。私はそこに手のひらが全部スポッと隠れてしまうくらいの体積?面積?があるので、汗拭きシートを挟んでいます。外からは絶対に見えないし落ちないです。スースーするミント系や石鹸の香りつきシートを毎日持ち歩いています」

―あの、どんなタイミングでシートを挟むの?

「仕事現場に到着して、出番まで時間がある時はいつも必ず挟んでいます。控室やトイレに入って、まずは(両方の鎖骨を触りながら)ここを拭きます。②次に谷間を拭きます。1、2往復ほどササッと。れから胸の下に手のひらを横からぐっと差し入れて、手のひら全体を使って胸を持ち上げ、たまっている汗をすーっと拭いていきます。拭いているシートが、“下乳の中”部分の真ん中、つまり乳首の真下に当たる部分にきたら、すっと手を離します。これでもう、シートは胸に挟まれて落ちてこないんです」

―まさか汗拭きシートが格納されていたとは…。

「(撮影や収録の)衣装に着替える直前まで挟んだままにしておきます。家でも同じことをしています。汗止めを挟んでおかないと、大量の汗でぬるぬるしちゃうんです」

―だったら、“あせも”でも苦労しません?

「私、あせもはできにくい体質みたいなんですよね。でも日焼けしやすいみたいで、紫外線にさらされている胸の上側が乾燥しやすいんです。だからその部分は保湿クリームを必ず塗ります。朝はニベアを塗って、夜はお風呂上がりにもう少しサラサラした肌触りのクリームを塗って寝ます。塗る時は左右の手のひらで胸を包むようにスリスリと」

―上は乾燥、下は大汗…。

「はい。同じおっぱいなのに地域差が存在しています!」

これが汗拭きシートを挟んで離さない「下乳の中」。小さめの手のひらが隠れるほどの収納力があるそうな

これが汗拭きシートを挟んで離さない「下乳の中」。小さめの手のひらが隠れるほどの収納力があるそうな


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27