週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 不眠の原因は寝過ぎ? 眠りの質を高めるためにできること

連載コラム

不眠の原因は寝過ぎ? 眠りの質を高めるためにできること

[2015年08月19日]

人差し指で両耳の穴をふさいで「ん~」と声を出す。ストレスを沈め、リラックスできる簡単エクササイズ!

なかなか寝付けない、何度も目が覚める、寝起きが悪い…など現代人の睡眠悩みは様々。では、そのお悩みを解決するために具体的に何かしているだろうか?

快眠セラピストで『驚くほど眠りの質がよくなる 睡眠メソッド100』の著者・三橋美穂氏が、睡眠の質を上げるための簡単なコツを伝授!

Q)ストレスでなかなか寝付けません

A)ベッドに入ったものの、頭の中は気がかりなことがグルグルとかけめぐり寝付けない…。そんな時は、このエクササイズを。目を閉じ、人差し指で両耳の穴をふさいで「ん~」と声を出します。鼻から息を細く長く吐き、全身の力を抜いてゆっくりと息継ぎをしながら1分間。指を離すと、頭の中がしーんと静かになっています。精神的なリラックス効果も得られるでしょう。

Q)眠りが浅く、途中で何度も目が覚めてしまいます

A)眠りが浅い原因のひとつは「睡眠時間が長すぎる」こと。本来6時間睡眠で良い人が8時間寝床にいると、全体的に眠りが浅くなってしまいます。昨年、厚生労働省が発表した「健康のための睡眠指針2014」では、適切な睡眠時間は25歳で7時間、45歳で6時間半、65歳で6時間。布団にいる時間はそれプラス30分です。必要以上に寝床にいると、眠りの質を低下させます。

Q)睡眠時間は足りているはずなのに、なかなか起きられません

A)朝、なかなかベッドから出られない人は、こちらのエクササイズを。両手で耳たぶを持って、下にゆっくり3秒ひっぱり、パチンと離します。これを4~5回繰り返すと、脳が刺激され徐々に目が覚めてきます。仕事中に眠くなった時も、耳の上部を上に、中央を横に、耳たぶを下に引っ張るといいでしょう。

美メンズ快眠3-3

耳たぶを引っ張って、パチン!


馬場ふみかカレンダー

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.32 Aug 7th 2017
    • No.31 Jul 31st 2017
    • No.30 Jul 24th 2017
    • No.29 Jul 17th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小倉優香、いま日本で一番水着が似合う女の子!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.32