週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 3大キャリアの新違約金制度でauだけがゆるい理由とは

ニュース

3大キャリアの新違約金制度でauだけがゆるい理由とは

[2015年10月12日]

キャリア間をMNPで渡り歩き、端末の転売やキャッシュバックなどで金儲けをしていたケータイ成金も、新たな違約金縛りでついに廃業へ? が、唯一の救いはau?

今年に入ってケータイキャリアがじわじわと、2年縛りとは別の“新しい縛り”を導入している。

しかもその縛り、なんと最大で5万円以上もの違約金が課される超恐ろしいシロモノなのだが、その内容はキャリア間で微妙に異なるという。

(参考記事⇒乗り換え阻止で5万円以上の違約金も! 携帯3大キャリアの“新しい縛り”とは」

ドコモは12ヵ月以内の解約やプラン変更を対象に一定額の違約金を徴収。auも対象期間は12ヵ月だが、料金プラン変更は対象外。ソフトバンクは縛りが24ヵ月と最長で、違約金はひと月ごとに減っていく仕組みになっている。

料金や割引制度ではピタッと足並みをそろえることが多い3大キャリアだが、こうした違いにはどんな理由があるのか? 某キャリアショップ幹部のB氏が答えてくれた。

「MVNO(大手キャリアの回線を借りてSIMカードを販売する事業者)の多くはドコモの回線を再販しているため、ドコモのスマホのほとんどはそのままMVNOでの利用が可能です。そのため、ドコモは最低でも1年以上は自社回線を一定以上の利用料金で使ってもらって、端末代金の値引き分を回収したいのでしょう。

ソフトバンクは、もしSIMロック解除された端末がドコモ系のMVNOで使われることになったら、自分の懐には1円も入りません。そのため、他社よりも縛り期間を長くし、高額な違約金を設定しているものと思われます。

auの縛りがこの2社と比べてゆるい理由は、MVNOとau端末の相性の悪さもありますが、それ以上に“ケータイ成金”の存在を重視しているからだと思います」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • May 14th 2O18  no.19・2O
  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18