週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 中国の南沙諸島制圧に米軍がNO! 海自との“ネットワーク艦隊”とは

ニュース

中国の南沙諸島制圧に米軍がNO! 海自との“ネットワーク艦隊”とは

[2015年11月03日]

海自が保有する艦艇は137隻。一方、中国海軍の艦艇は合計891隻と、数の上では多勢に無勢。ただし米軍も含めたネットワーク化は海自の大きな武器だ(撮影/世良光弘)

南シナ海の緊張が高まっている。中国が「領海」と主張する海域内に、米軍が艦隊を派遣したのだ。

米艦隊が派遣されたのは10月26日のこと。南シナ海に中国が造成した“人工島”から12海里内(つまり、中国が「領海」と主張している海域)に艦隊を派遣することで、中国の領有権主張に真っ向から挑戦、「ここは中国の『領海』ではなく、航行が自由な海域である」と示す狙いがある。

周辺諸国の反対を無視し、南沙諸島の岩礁を埋め立てて“人工島”を建設するなど、南シナ海における中国のプレゼンスは近年、とみに強大化している。もはや周辺諸国の軍事力だけでは、中国に対応できなくなってしまっているのが現状だ。軍事評論家の菊池征男氏が解説する。

「中国海軍は、南シナ海を含む台湾海峡の西南海域を担当する南海艦隊だけで駆逐艦9隻、フリゲート艦19隻、ミサイル艇8隻、潜水艦27隻を保有。さらに、いざとなれば東海艦隊・北海艦隊からも駆逐艦17隻、フリゲート艦28隻、ミサイル艇14隻、潜水艦40隻が増援に入ります。

それに対し、ベトナム、マレーシアなど南シナ海周辺諸国の海軍は、すべて合わせてもフリゲート艦32隻、潜水艦8隻のみ。つまり、有事の際には日米頼みというのが実情です」

もちろん、日本の海上自衛隊も中国海軍の物量には真正面から対抗できない。結局、今回のように米軍に頼るしかないのか…。

しかし、日米海軍が通信面で連携すれば、作戦の初動は海自だけで対応することも可能だ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018