週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 『学校へ行こう!』が一夜限りの復活!で、なんとなく気になったパーク・マンサーの今を直撃

ニュース

『学校へ行こう!』が一夜限りの復活!で、なんとなく気になったパーク・マンサーの今を直撃

[2015年11月06日]

11月3日、バラエティ番組『学校へ行こう!』が一夜限りの復活。人気キャラだったパーク・マンサー氏も登場

去る11月3日、かつてTBS系列で放送されていたバラエティ番組『学校へ行こう!』が一夜限りの復活を果たした。

1997年10月より約11年間(2005年4月からは『学校へ行こう!MAX』にリニューアル)放送された同番組は、学生たちの悩みや疑問を調査・解決するという趣旨で、当時の学生に大ウケ。

名物コーナー「未成年の主張」や「東京ラブストーリー」などでは、個性的・印象的なキャラクターを数多く誕生させた。3日の放送では、そんな濃いキャラの懐かしの映像を楽しんだ方も多いのではないだろうか。

そんな同番組から誕生したキャラクターのひとりが、パーク・マンサー氏だ。人気企画「B-RAP ハイスクール」に出演していた男女2人組の音楽ユニット「軟式globe(なんしきグローブ)」のメンバーで、ボーカル担当のKOIKEの後ろで、彼女に求愛しながら「そうだよアホだよ♪」の合いの手でラップを披露していた、あの人物である。

3日の番組でも登場はしたものの、その出演シーンはほんの数秒間。正直、もっと見たいと思った人は少なくなかったのではないかーー。

そこで、果たしてパーク・マンサー氏は今、何をしているのか。余計なこととは思いつつ、単独取材を申し込んだところ…。

連絡を取ると、とりあえず「人目につかないところでなら」という条件で取材OKに。後日、マンサー氏に指定された集合場所は東京・渋谷。あろうことか、センター街のど真ん中だ。なぜ、人目につかないところで会おうという人間が、こんなところで待ち合わせを…と、思って辺りを見回していると、抜群に人目を惹く人物がいるではないか!

パーク8159

「にちぇ(※)。『軟式globe。‘15(ワンファイブ)』ラップ担当、三代目パークマンサーです」 ※「こんにちは」の意

過剰なスカシ顔と、センターに寄せた特徴的な前髪、ふくよかなアフロヘア…ハットごときでは隠しきれない異様なオーラを放つ男――マンサー氏は、何も変わってはいなかった。

復活の序章は2年前の10月1日のこと。番組放送当時(13年前)の相方・KOIKE(初代)との再結成は難しかったため、ネット上で新ボーカル募集してみたところ、情報が瞬く間に拡散され、オーディションのニコ生公式中継が決定。なんと中継では3万人以上が視聴したという。

そんなオーディションの末、新ボーカルは二代目KOIKEに決定。こうしてユニットは復活を遂げ、今ではマンサー氏のツイッターでのフォロワー数も3万5千人を超えるなど着実にファン層を拡大(呼び戻し?)中だ。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!