週プレNEWS TOP ニュース 社会 5年前から盗撮事件が倍増! 街にあふれる危うい場所とスマホの功罪

ニュース

5年前から盗撮事件が倍増! 街にあふれる危うい場所とスマホの功罪

[2015年11月21日]

盗撮事件が急増する昨今、その自主規制は強まってきているとのこと。

「設計の段階で内装に使用するガラス材にボカシ加工を施したり、グラフィックシートを張るなどして“下から見えないようにする”配慮が施設側から強く求められる傾向にあります。例えば、『反射性の高い床材を使うのは女性に配慮してNG』、これはもう業界の常識になっているところですね。

ただ、名の通ったデザイナーが手がけた建造物の中には、見た目は斬新で美しいけど、下から覗かれやすい“危うい設計”の建物も少なくありません。施設側も有名デザイナーには強く言えない部分があるようで…」(前出・建築デザイナー)

最後に、盗撮相談を数多く受けるレイ法律事務所の河西邦剛弁護士がこう続ける。

「盗撮犯の特徴は、社会的地位のある人。最近は20~30代の若者も増えています。その犯行は特別な道具を使うわけではなく、日常的に使うスマホのシャッターボタンを押すだけで一瞬で終わります。スマホの無音カメラを使えば周囲に気づかれることもない…。つまり、一般の人でもその“一線”を簡単に越えられてしまうのが盗撮という犯罪の怖いところなのです」

これから忘年会シーズンを迎える。くれぐれも酔っ払った状態で“つい魔が差して…”なんてことにならないように。

(取材・文/週プレNEWS編集部)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27