週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 内臓冷え冷えで性欲も減退…急増中の“冷え性”男子は女性に拒絶される!

連載コラム

内臓冷え冷えで性欲も減退…急増中の“冷え性”男子は女性に拒絶される!

[2015年12月30日]

男性の冷え症が増加中! しかも、自覚も知識もない男性のほうが深刻なダメージを受ける可能性が…

冷え症は女性がなるもの、なんて思っていると劇的にブサメン街道まっしぐら! なんと、体温ひとつでモテなくなるという…。

冷えていないと思っている男性こそ注意が必要な、本当は怖い男性の冷え症についてリサーチ。

■男性の相談が18年間で15%に増加!

冷え症は女性特有のもの…と思いがちだが、他人事に思っている男性こそ気をつけてもらいたい。

なんと今、冷え症を訴える男性が増えているというのだ。そこで、冷え性の実態を知るために東京都葛飾区にある『全国冷え症研究所』の本部に向かった。

1977年に設立された「全国冷え性研究所」。北海道から沖縄まで170カ所の支部がある

1977年に設立された「全国冷え性研究所」。北海道から沖縄まで170ヵ所の支部がある

理学博士の山口勝利先生を所長とし、冷え症の研究と治療に取り組むこの研究所では、様々な機械を使って自分が冷え症なのか、その場合はどんなタイプなのか検査と治療ができるという。

検査を受けるのは、冷え症を自覚し、今も厚手の綿の靴下が手放せない編集・タケダ。「今はそこまででもないですけど、足先が冷えるので昔は冬場、寝る時は靴下が手放せませんでした」

最前線の現場では、冷え症の男性が増えている実感はあるのだろうか?

「あります。研究所を開設した18年前、訪れていたのは100%女性だったにも関わらず、最近は男性が15%くらいになっていますから。ゼロだったことからすると大きな変化です」(山口所長)

■冷えるのは手足だけじゃない。内臓も冷える!

早速、機材を使った測定をスタート。まずは「深層部温度測定」で体の深部にある内臓の温度を測定する。

武田内臓温度測定中

計測時間は15分ほど。最初なかなか温度が上がらなかったのは、やはり深層部が冷えていたからか?

「……(苦笑)。低すぎるぐらい低い。深層部が冷えているタイプの冷え症ですが、これは男性には特によくない」(山口所長)

平均温度は37度のところ、タケダは35度に届くか届かないか。平均より2度も低い。数値を見た瞬間に苦笑されるのも当たり前といえる状態だ。しかも、冷えを自覚はしていたものの、症状が出ていたのは手足ではなく体の深層部、要は内臓が冷えていたというわけだ。

「ある日、突然、調子が悪くなって寝起きが悪い、やる気が起きない、体がいうことを聞かないなどが起こりますよ」(山口所長)

大きく頷(うなず)くタケダ。どうやら、すでに心あたりはあるようだ(苦笑)。実は取材日はお腹を下していたようだが、その影響はないのだろうか?

「体の内部の温度は昨日今日では変わりません」(山口所長)

冷えは日々の積み重ねから引き起こされるということなのだ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.9