週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 潜在する男の冷え性。「腸腰筋エクササイズ」で体の中から改善せよ!

連載コラム

潜在する男の冷え性。「腸腰筋エクササイズ」で体の中から改善せよ!

[2016年01月13日]

「考える人」のポーズ。このようなエクササイズを実践して、冷え性を改善しよう!

冷えに対する知識を得て、日常生活の改善を行なったら、今度は体を鍛えて冷え症を改善しよう。

インナーマッスルを鍛えることで、内臓の動きを活発にさせて、体の中から温めることができるのだ。

■根本的な対処法は体の内部の筋力UP

本格的に冷えを改善したい場合は、前回記事『急増中! 実は怖い“男の冷え性”で仕事も生活もダメダメ…改善するには!?で紹介したグッズや食事のひと工夫以外にも、今回紹介するエクササイズを取り入れたい。

このエクササイズは、体の深層部の筋肉を鍛えることで血行を促進させたり、筋肉の衰えや姿勢が悪いことなどにより位置がずれてしまった内臓を、正しいところに戻す運動。そのことで冷えの改善を促すのだ。

できる人は朝昼晩の3回、最低でも1日1回からスタートし、自分の生活パターンにあった方法で負担にならないように始めてみよう。今回も全国冷え性研究所の山口勝利先生にその内容を聞いた。

第一弾『内臓冷え冷えで性欲も減退…急増中の“冷え性”男子は女性に拒絶される!』も参考に!

「考える人」:左右5回×3セット

インナーマッスルに刺激を与えるエクササイズ。上半身と下半身をつなぐ、内臓よりも奥に位置する腸腰筋を動かすことにより、体の内部に熱を発生させることができるのだ。※写真は体力のある男性用に立位で行なっています。難しい場合は椅子に浅く座って行なってください

①ひじを上へ90度に上げる

体操1先生例

肩からひじは地面と平行になるようにして、ひじを上へ90度に曲げる

②ひざを上げ、体を左右に交互にひねる

左ひざを腰の上まで垂直に上げ、体全体を左にひねる。左ひざに右ひじがつくようにする。次は右足を上げ、体全体を右にひねる。これを繰り返す

左ひざを腰の上まで上げ、体全体を左にひねる。左ひざに右ひじがつくようにする。次は右足を上げ、体全体を右にひねる。これを繰り返す

                           ×悪い例

上半身は真っ直ぐままで膝に持っていかないようにする。ひじがひざにつくように、しっかりと足を上げることが腸腰筋を鍛えることになるのだが、筋力が低い場合はかなり難しい。武田はできなかった…

背すじは伸ばしたまま。前かがみにならないよう注意する。ひじがひざにつくように、しっかりと足を上げることが腸腰筋を鍛えることになるのだが、筋力が低い場合はかなり難しい。編集・タケダはできなかった…


馬場ふみかカレンダー

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.31 Jul 31st 2017
    • No.30 Jul 24th 2017
    • No.29 Jul 17th 2017
    • No.28 Jul 10th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小倉優香、いま日本で一番水着が似合う女の子!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.31