週プレNEWS TOP 連載コラム 美メンズ変身講座 大ブームの肉食ダイエットで-16kg!『いきなり!ステーキ』広報マンの“苛酷なミッション”リポート

連載コラム

大ブームの肉食ダイエットで-16kg!『いきなり!ステーキ』広報マンの“苛酷なミッション”リポート

[2016年01月20日]

ヒレ肉を1日300g食べ続けて2ヵ月半で16kg減を達成した肉食ダイエットの壮絶な軌跡…!

痩せるためには「肉を食べる」ことーー!? 昨年からブームが続く、“赤身肉にダイエット効果がある”との話題。今や肉食はダイエットの新常識なのか…。

そこで今シリーズ第1弾は、まず2ヵ月半で16kg減量を達成した、人気立ち食いステーキ『いきなり!ステーキ』の広報・原秀肇さんを直撃! 彼はいかに肉食で痩せたのか?

■ミッションは社命! 2ヵ月半で15kg減量を目指す

立ち食いステーキという新ジャンルを築いた『いきなり!ステーキ』の広報担当を務める原さんは、昨年9月11日に「11月29日の“いい肉の日”までにステーキを食べて15kg減量します」と宣言。

しかも、美しい“プラチナボディ”になるため、同店のポイントカード『肉マイレージカード』の食べた量によるランクにちなみ、肉はプラチナカード会員の条件である20,000グラム(20kg)以上食べることを条件にした。食べる肉のほうが目標減量体重より5kg多いって…(苦笑)?

それでも、原さんは是が非でも2ヵ月半で痩せなければいけない。趣味でも健康のためでもなく、社命だからだ。

企画の発想は、カッコいい肉体を競う『ベストボディ・ジャパン』の出場者が「お肉のタンパク質は体作りに非常にいい」からと、『いきなり!ステーキ』のファンが多かったことだという。また、約1年で通算158kgの肉を食べて体質改善をした伝説のリピーター・TAKAさんの存在もあった。

「赤身肉と健康がリンクして企画が動き始めたんですが、指名されるまでは社長から逃げ回りました(笑)」

しかし、逃げきれるわけもなく、ミッションスタート。奇しくもこれが原さん、人生初のダイエットとなった。それというのも、ダイエット前は180㎝、84.9kgという体型で、大柄ではあるがそこまで太ってはいないという認識。39歳という年齢を考えれば、お腹ぽっこりも普通の範囲内だったとのこと。

「5年くらい前、ポール・スミスで一番大きいサイズのスーツが入らなくなった時、太った自覚はありましたよ。20代から愛用していたのに“い らない客になったんだ”と…(苦笑)。でもダイエットしようとは思いませんでした。お米、パスタの炭水化物、時々、つけ麺1kgとか爆食いしたり、好き な物を食べていましたね」

こうして食べることが大好きで、運動もしていない、明らかに自覚のないメタボまっしぐら?の39歳・男性が人生初のダイエットに挑むことになったわけだ。

この体型の変化の陰には、どのような苦難があったのか……!?

原さんのこの体型の変化の陰には、どのような苦難があったのか…!?


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017