週プレNEWS TOP 連載コラム 編集部訪問 紗倉まなが処女小説デビュー。タイトル『最低。』にこめた“誇り”と“葛藤”とは…

連載コラム

紗倉まなが処女小説デビュー。タイトル『最低。』にこめた“誇り”と“葛藤”とは…

[2016年02月24日]

人気のセクシー女優・紗倉まなちゃんがなんと作家デビュー!

『週刊プレイボーイ』本誌の連載コラム『紗倉まなの白目むいちゃいました。』も人気のセクシー女優・紗倉まなちゃんがなんと作家デビュー! 2月12日に発売された処女小説のタイトルは『最低。』。

この作品は、AV女優に関わる4人の人物を中心とした4章立てになっており、1章はスカウトマンと男女の関係を持ちながら仕事を続ける女のコの物語「彩乃」、2章は若い女優と同居生活を始めた男の葛藤を描いた「桃子」、3章はセックスレスの日常から抜け出すためにAV出演を決めた主婦の「美穂」、4章は元AV女優の母を持つ少女が大人へ成長する「あやこ」といった内容だ。

というわけで、小説家デビューを果たしたまなちゃんが編集部にPRしにきてくれた! その文才に注目が集まるところ、作品についてや、なぜ書くのか?という執筆の経緯までを語ってもらったぞ。

―早速、この作品を書くに至った経緯から聞かせてもらいましょう!

「きっかけはたまたまだったんです。以前、雑誌『ダ・ヴィンチ』さんの取材を受けていた時に私が本を読むのが好きって話をしたんですね。そしたら担当さんから『ぜひ紗倉さん、書いてみましょう』って。その2、3ヵ月後に『短編集みたいなのを書いて、持ってきてくれませんか?』って言われて、持って行ったら、読んでいただいた後に『処女作でもありますし、自分の仕事ならではの小説がいいと思うので、AV女優をテーマに書いてみましょう』って。去年の夏頃ですね」

―元々、文章を書くのは好きだったんですか?

「ここ最近です。小さい時は正直嫌いだったんです。夏休みの読書感想文は親に書いてもらってましたし、自分で書いたのは高校時代の実験結果ぐらい(笑)。私情を挟まなくていいやつなら書けましたね」

―そんな嫌いだったコがなぜ好きに?

「今のお仕事を始めてからブログやツイッターで自分自身をアピールするようになって。自分の気持ちを書き始めたら意外とハマったというか、楽しかったんです」

―では今回の小説が面白い!って読んでもらえるのはやっぱり嬉しいでしょう。

「ものすごく嬉しいです! 発売された頃は賛否両論があって、いろいろな意見があったのは知っています。でも読んでくれた方が面白かったって言ってくれたのはすごく嬉しいですね」

―でも、AV女優を書くことについて戸惑いとかはなかったの?

「最初はある意味、緊張したというか…もし業界に入ろうと思っている人や、今、業界で活躍している方がどう思うんだろうってのはありました」

―書くのはしんどかった感じですか?

「いや、それは全然(笑)。時間はかかったんですけど、すごく楽しかったです。4章立てで、章によっては書きづらいのもありましたけど。特に1章の『彩乃』は年齢的にも私に近い設定だったので、書いていてちょっと恥ずかしくなりました」

sakura2512


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10