週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 新日本プロレス秘伝の道場“ちゃんこ”が激ウマ!「お店を出せる!」レシピとは

ニュース

新日本プロレス秘伝の道場“ちゃんこ”が激ウマ!「お店を出せる!」レシピとは

[2016年02月27日]

食堂に移動し、ついに本日のメインイベント「獣神’sキッチン」! あの永源遥も絶賛したという秘伝の「湯豆腐」が登場する。湯豆腐とはいえ、キャベツ、大根、キノコ類、ニラ、そして大量の鶏肉と具だくさん。「油を一切使わないので高タンパク・低カロリーで、筋肉がどんどん付く」(KUSHIDA選手)という優良メニューだ。

ちゃんこ18

山盛りの具材は実に大鍋3杯分! この大鍋が4人ほどであっという間になくなるというから、さすがレスラーの胃袋は計り知れない。これに鰹削り節に卵黄10個、醤油と香り付けの青のりで仕上げる秘伝のタレを少しずつ溶かして絡めながらいただくのが獣神流とか。レシピ分量はすべて「目分量とカン」。プロレスと同じで体で覚えるものってことですね!

いつもはちゃんこに加え、寮長の“虎ハンター”小林邦昭さんがおかずを作ってくれるそうだが…。周囲を見渡すと、棚にはカワイい花柄マグカップが整然と並び、端々には季節の花や小物が。女性スタッフでもいるのかと思いきや…「全部、小林さんがやってるんだよ」(ライガー選手)。虎ハンターの女子力はソバットの打点以上に高いのか…!?

具材を入れる順番も大切。火の通りにくい大根、肉、野菜、豆腐の順に入れ、彩りのニラは最後に! これも「見た目がきれいな方がと永源さんに教えられた」(ライガー選手)のだとか。

具材を入れる順番も大切。火の通りにくい大根、肉、野菜、豆腐の順に入れ、彩りのニラは最後に! これも「見た目がきれいな方がと永源さんに教えられた」(ライガー選手)のだとか

さて、肝心なお味はというと「うまっ!」「お店を出せる!」と絶賛の嵐。そんな中、「ライガーさんの試合に感動してアマレスを始めました!」とご本人に“告白”する参加者も。参加レスラーのデビュー年もライガー選手が89年、田口選手は02年、KUSHIDA選手は06年と実に幅広いこともあり、ちゃんこの湯気の中での談笑で新日の歴史が紐解かれていくよう。

黄金期を知るだけあって「あの頃は牛肉も頻繁(ひんぱん)に出ていましたね…」と遠い目をする田口選手。一方、他団体から移籍してきたKUSHIDA選手はちゃんこを作ったことこそないものの、実は子供の頃に食べた思い出の味だという。ちゃんこ13

「家が近所だったんですけど、年末恒例の道場の餅つき大会でこのちゃんこも振る舞われたことがあって、『あの時のちゃんこだ…!』って。でもプロレスラーになって初めて来た時は憧れの先輩もたくさんいて、ドキドキして練習もすぐ息が上がったり、緊張してちゃんこの味も全然わからなくて(笑)。

実は補助輪付きの自転車で『誰かいないかな~』って見に来たこともありますよ! そしたら2階からライガーさんが「橋本~!」とか他の選手を呼ぶ声が聞こえて、静かな住宅街に響き渡るその迫力にビビってしまい、もう何も言えずに帰ってきちゃったこともありました(笑)」

今やレスラーとなった、かつての少年にとっても、ちゃんこにまつわる道場の記憶は思い入れあるものなのだ。そんな胸熱な思い出話空間になったところで、ライガー選手にも若手時代のお話を伺うことができた。

●この続き、獣神が熱く語る、ちゃんことレジェンドたちのエピソードは明日配信予定!

(取材・文・撮影/明知真理子)


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018