週プレNEWS TOP ニュース アイドル 「いつもギリギリで生きてきたから卒業する時も私らしかった」人気モデル&女優・飯豊まりえの新たな“挑戦”

ニュース

「いつもギリギリで生きてきたから卒業する時も私らしかった」人気モデル&女優・飯豊まりえの新たな“挑戦”

[2016年03月20日]

『セブンティーン』の人気モデルにして、女優としても活躍する飯豊まりえちゃん

『セブンティーン』の人気モデルにして、女優としてもドラマ『MARS~ただ、君を愛してる~』(日本テレビ系)でヒロインを務めた、飯豊(いいとよ)まりえちゃん(18)。明るくてフレンドリーなイメージだが、高校生活では相当な苦労と恩師の支えがあったという。

『週刊プレイボーイ』No.13に封入されているブックインブック特集「高校卒業~最後の制服」では高校時代最後の制服グラビアを掲載。週プレNEWSではそのアザーカットとともに、そんな彼女の“卒業秘話”を聞く!

―この春に高校を卒業しますが、学生時代の「制服」って、自分にとってどんな存在でしたか?

飯豊 う~ん。なんていうか、“鎧(よろい)”だったような気がします。

―鎧って、戦いの時に着る?

飯豊 そうです。制服を着ると、「よし!」ってスイッチが入るんですよ。学校に行く時だけじゃなく、仕事のオーディションの時も必ず制服を着て行ってたので、袖(そで)を通すと“仕事モード”になるんです。

―なるほど。今振り返ると、高校生ってどんなイメージですか?

飯豊 “強い”っていうイメージです。高校生って、大人でも子供でもなく、すごいキラキラした“無敵の存在”って感じがするんです。私は仕事をしていたので、あんまり高校生らしいことができなかったんですけど、たまに自分が高校生だっていうことを意識すると、それだけで自分がキラキラしたものを纏(まと)える気がして。だから、高校を卒業しちゃうのは寂しいですね。

―高校生活で思い出に残ってることは?

飯豊 1年生の時の担任の先生です。私、仕事のために、2年生に進級する時に全日制から通信制に切り替えようと思ってたんですけど、その先生から「僕は飯豊さんを通信に行かせないからね」って言われたんです。実は、入学する時の面接官もその先生だったんですけど、私が「2年になったら、全日制で修学旅行に行きたいです」って言ってたことを覚えててくださってて。

―通信に移ると、その修学旅行に行けなくなってしまう状況だったんですね。

飯豊 そうなんです。先生のおかげで、そのまま全日制で進級して、修学旅行にも参加することができました。結局、3年の時に通信に移ることになったんですけど、先生に謝ろうと思って職員室に行ったら、「修学旅行にも行けたんだから、いいと思う。体に気をつけて頑張ってね」って言ってくださって…。

飯豊まりえ0331


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10