週プレNEWS TOP 連載コラム 編集部訪問 噂の“就活アイドル”メンバーが本音で明かす活動のメリット…「炎上も批判も自分次第!」 

連載コラム

噂の“就活アイドル”メンバーが本音で明かす活動のメリット…「炎上も批判も自分次第!」 

[2016年03月23日]

キチョハナカンシャの(左から)ともえ、ななほ、さや、ゆり。就活優先がモットーなのでこの日は4人が集合

3月に解禁され、本格化している今年の就職活動。まさに今、就活をしている女子大生が結成し話題となっているのが「キチョハナカンシャ」だ。

コンセプトは“本気で内定を目指す就活アイドル”。グループ名も説明会などで就活生が使う「貴重なお話有難うございました!」の略称からだという。

就職とアイドル――。一見、なんの関わりもなさそうだが、単なる話題作りじゃないのか? …というわけで、週プレNEWS編集部を訪問してくれた彼女たちに直撃!

―単刀直入に聞きますが、皆さんはアイドルなんですか? 就活生なんですか?

さや 両方です。アイドルとして活動していますが、目標は“内定”です。内定取れたら、卒業しなくてはいけないんです。

ゆり 大きな会場でのライブなどを目指すというより、“就活生のアイコン”として就活情報を発信していければと思ってます。

―それってアイドルとして活動する意味あります?

ともえ 私たちを見てほしいというか、同じ就活生に向けて、就活に対する楽しさや苦労を少しでも共感してもらえれば嬉しいです。

ななほ それから就活生以外の方にも、私たちが就活に向かっている姿を見て自分たちも頑張ろうって思ってもらえたらいいなと。

―そもそも、どうしてこのグループに入ったんですか?

ゆり 元々、アイドルが好きというのと、私は広告PR業界を中心に就活していて、イベント企画だったり、今の活動と共通する部分があると思って入りました。

ななほ 私はマスコミやPR系の他にアナウンサー志望で。特殊ではあるんですけど、学部やサークルの友達同士だと意外と就活の話をしなかったりするんですよ。変にライバル意識があるような…。キチョハナカンシャはメンバーと就活を一緒に頑張っていけるところに惹かれました。

ともえ 勉強になる部分がすごく多いかなと思って、ですね。実際、私は志望業界は模索中なんですけれど、その業界に興味がなくても、この活動でいろいろな人から話を聞いたら、こういう良い会社もあるんだなと、社会経験として勉強になっていますね。

さや 私も自分を客観的に見れるようになりました。取材していただいた時も後からフィードバックもらって考え直せたり。グループ内でも自分の位置付けを考えるので、自己分析できて新しいキャラクターを再発見できますね。私もアナウンサー志望なんですけど、役立つと思っています。

キチョハナカンシャ02

志望業界に悩むともえだが、活動を通して世の中の広さを感じているという


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017