週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 東武東上線“終電延長”に埼玉県民は「大快挙」と歓喜。深夜0時越え、“14分の差”がもたらすもの

ニュース

東武東上線“終電延長”に埼玉県民は「大快挙」と歓喜。深夜0時越え、“14分の差”がもたらすもの

[2016年03月25日]

池袋発・森林公園行の最終列車が23:48から0:02に繰り下げなど、ダイヤ改正でより便利になる東武東上線

3月26日(土)、埼玉県北部と東京・池袋を結ぶ東武東上線がダイヤ改正を実施する。

列車の増発や始発の繰上げ・終電の繰り下げなど様々な面で利便性が向上するが、その中でも注目なのは「池袋発・森林公園行」終電の延長。23:48発が0:02発になるのだ。

たかだか14分の差じゃないか、と侮るなかれ。23時台から0時台に日付を跨(また)ぐわけで、これは100m走に例えれば10秒台から9秒台への壁を突破するような大イノベーションなのだ。記者自身、元東上線ユーザーで、終電に乗り遅れ途方に暮れた経験は何度もある。さぞかし埼玉県民たちは歓喜に沸いているはず!ということで、実際に東上線を利用する人たちの声を集めてみた!

***

「終電延長は衝撃的、大快挙です!」と喜ぶのは、35歳・アパレル店員。彼は、若葉駅(池袋まで急行で41分)から銀座のショップに通勤している。

「店の棚卸しの時などはよく終電になります。延長することで精神的に余裕が出てくるんじゃないですかね。23:48の終電に乗り込む時はみんな殺伐としてますから。列車が到着しドアが開けば、イス取りゲームのように殺到します。終電が早くてツライのは飲んだ後で、トイレに行きたくなって途中下車しようものなら完全アウトです」

終電を逃した場合はどうしている?

「知り合いの家に泊めてもらうか、池袋の安いカプセルホテルに泊まります。3駅手前の川越市駅まで行って(池袋発・川越市行の平日終電は0:44)、ここからタクシーで帰る手もありますが、タクシー代とホテル代は同じくらいだし、ムリして帰らずに池袋に泊まって翌日そのまま仕事に行くほうが楽ですから」

今回、10数名の東上線ユーザーに話を聞いたが、終電延長のメリットとして最も多く挙がったのは、「もうちょっと飲める」ことだった。同じく若葉駅から文京区の大学に通う21歳・男子学生はこう語る。

「たとえば渋谷で友達と飲んでいたら、23:30頃にはJRに乗ってなきゃ危ない。盛り上がってきた!って時に自分だけ早く帰らなきゃいけない寂しさがあるんですよ」


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jan.8th 2O18 no.1・2
  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.1&2

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!