週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 「他県の人とは結婚できないでしょって…」 福島の街コンで女性たちが明かした震災後の偏見と恋愛

ニュース

「他県の人とは結婚できないでしょって…」 福島の街コンで女性たちが明かした震災後の偏見と恋愛

[2016年03月26日]

震災から5年、福島の女のコたちの恋愛や結婚観に変化はあったのか?

震災から5年が経った今、福島の女のコたちの恋愛や結婚観に変化はあったのか? 福島第一原発から西におよそ50km。福島県郡山市で行なわれた街コンで調査してみた。

最初に同席したのは、20代前半のファッショナブルなOLペア。東京から来たことを伝えると、「福島の女性ってどう見えてるんですか?」と聞かれた。彼女たちは、原発の影響で福島出身の女性とは付き合いたくないと考える県外の男性が多いのでは、と心配しているらしい。

「親にも他県の人とは結婚できないでしょって言われてて。私としては、いつも天気予報と一緒に放射線量が伝えられるのに慣れてしまって、もはや何も感じなくなってしまっているんですけどね」

とはいえ、未だに偏見はある。友人が東京に行った時、車に傷をつけられた。「おそらく福島ナンバーだったから」と、ふたりは言う。しかも、そうした偏見は県内にも存在するらしい。

「福島県内には福島ナンバー、郡山ナンバー、会津ナンバー、いわきナンバーの4種類があるんですよ。原発に近い地域のいわきナンバーの車で会津や郡山に来たりすると、同じように傷つけられたりすることもあるみたいですよ」

県内でもそのようなことがあるのだから、女性たちが「県外からの目」を意識してしまうのも仕方がないように思える…が!

「まあ、最初の頃はネガティブになってましたけど、いつまでも、ほんの一部の人の目を意識していても損だと思うようになりました! だから私、東京でライブやオフ会とかにも行って、あわよくば県外の男性と出会ってやろうと思ったりしてます(笑)。出身地を聞かれると『東北』とごまかしちゃうクセもありましたけど、最近は『福島』と言えるようになりました」

ようやく、 少しずつ、他県男子に対するコンプレックスを克服しているようだ。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017