週プレNEWS TOP ニュース 社会 “パナマ文書”を流したジョン・ドゥは「名無しの権兵衛」?

ニュース

“パナマ文書”を流したジョン・ドゥは「名無しの権兵衛」?

[2016年04月18日]

史上最大規模の情報漏洩事件に発展している「パナマ文書」スキャンダル

タックスヘイブン(租税回避地)を利用した税金逃れの“顧客データ”が大量流出した「パナマ文書」スキャンダル。各国の首脳クラスの政治家、財界人、トップアスリート、俳優など超大物の実名が飛び交い、史上最大規模の情報漏洩事件に発展している。

パナマ文書には、日本の約400の個人、企業の情報も含まれるという。ただし、当初ネットニュースなどで広まった「電通」「JAL」「三菱商事」などの名前は“ガセネタ”。2013年に公表された「オフショアリークス」という別文書と、今回のパナマ文書が混同されたようだ。

実際には、現段階でパナマ文書に含まれていることがわかっているのは大手警備会社セコムの創業者一族くらい。あとは今後の追加発表で何が飛び出すか…だ。

この世界的スキャンダルの流出元は、パナマの弁護士事務所モサック・フォンセカ。外貨獲得のために税率を極端に低く設定している国や地域(タックスヘイブン)に、租税回避のための法人(多くはペーパーカンパニー)を設立したい顧客の支援を主業務とし、この分野では世界最大手のひとつだ。

この事務所のコンピューターがハッキングされ、1977年の創業時から2014年末までの顧客関連データ――電子メール、PDFファイル、テキスト文書、画像など合計1150万件ものデジタルデータが盗まれたのだ。データ総量は2.6テラバイトで、2010年にウィキリークスが公開した米政府秘密文書の約1500倍に上る。

後にパナマ文書と呼ばれることになった、このデータの一部がミュンヘンの「南ドイツ新聞」にメールで送られてきたのは2015年初頭。差出人の名前はジョン・ドゥ。

英語圏では男性の身元不明者に対してよく使われる仮名だ(日本でいえば「名無しの権兵衛」みたいなもの)。つまり、ベタな仮名を名乗る謎の男から、いきなり超弩級のスキャンダルが持ち込まれたわけだ。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!