週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 ロシアW杯に行ける確率は50%!とセルジオ越後 「最初の3試合を全部勝って勢いに乗りたいね」

連載コラム

ロシアW杯に行ける確率は50%!とセルジオ越後 「最初の3試合を全部勝って勢いに乗りたいね」

[2016年04月21日]

アジア杯で負けているUAEにはチャレンジャーとして、リベンジをするつもりでぶつかってほしいと語るセルジオ越後

ラクなグループじゃないね。冷静に実力を比べれば、日本は十分突破できると思うし、もちろん突破してほしいと願っている。ただ、ひとつ間違えると厳しくなる。それが率直な感想だ。

9月から始まる2018年ロシアW杯アジア最終予選の組分けが決まった。日本(FIFAランキング57位)はオーストラリア(同50位)、サウジアラビア(同60位)、UAE(同68位)、イラク(同105位)、タイ(同119位)と同じB組に入った。

最終予選はホーム&アウェー方式で、各組上位2ヵ国が本大会の出場権を獲得。B組3位のチームはA組3位、さらに北中米カリブ海地区4位とプレーオフを戦うことになるけど、おそらくB組は日本、オーストラリア、サウジアラビア、UAEの実質4ヵ国で2枠を争う展開になるだろう。

最大のライバルはやっぱり昨年のアジア杯王者オーストラリア。少し前まで世代交代に苦労していたけど、ここ1、2年でMFルオンゴ、DFスミスなど若手が台頭してきた。過去、日本が何度も痛い目に遭わされてきたFWケーヒルも健在。このグループでは最もバランスの取れたチームだろう。日本はフィジカルの強いチームを苦手とするだけに脅威だよ。

UAEは日本がアジア杯準々決勝でPK戦の末に敗れた相手。これまでのUAEは毎年のように監督がころころと代わって、“個人技はあるけど、まとまりのないチーム”という印象が強かった。でも、現在のアリ監督はすでに就任4年目。異例の長期政権だ。それだけ国からも選手からも信頼を得ているのだろう。

また、現在のチームの主力はU-20W杯、ロンドン五輪などの国際舞台を経験してきた、いわば“UAEの黄金世代”。年齢的にも20代半ばでキャリアのピークを迎えつつある。チームとして一番いい時期にきているんじゃないかな。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18