週プレNEWS TOP ニュース 社会 不倫はそこまで悪なのか? 誰にでも起こりうる、防げないウイルスに必要な“不倫ワクチン”とは…

ニュース

不倫はそこまで悪なのか? 誰にでも起こりうる、防げないウイルスに必要な“不倫ワクチン”とは…

[2016年05月18日]

NEW

不倫は誰にでも起こりうる“社会問題”であり、“不倫ワクチン”の開発が必要だと説く坂爪真吾氏

ベッキー&ゲス極・川谷絵音(えのん)、宮崎謙介・元衆議院議員、タレント・乙武洋匡(ひろただ)…今年上半期は、相次ぐ有名人の不倫騒動が世間を賑(にぎ)わせ続けた。

ネット上では「奥さんがかわいそう! サイテー」「不倫するような人だったなんて。ショックです」などと猛烈なバッシングが巻き起こったが、果たして不倫は、当事者が休業や謝罪に追い込まれるほどの“悪”なのか?

一連の騒動の背景にある日本人の「不倫観」に迫るべく、『はじめての不倫学』(光文社新書)の著者・坂爪真吾(さかつめ・しんご)氏に話を聞いた!

***

―“不倫分析の専門家”である坂爪さんにお尋ねします。一連の不倫騒動に対し、執拗にバッシングが繰り返されたのはなぜだったのでしょう?

坂爪 不倫を報じられた人たちが、“不倫を絶対にしてはいけないとされる立場の人”ばかりだったことが大きな原因ではないでしょうか。スキャンダルとは無縁だったCM女王、男性として初めて育休宣言をした国会議員、選挙への出馬を予定していた著名な障がい者タレント…それぞれ特殊な立場にあるからこそ、吊るしあげて叩きやすかったのでしょう。

―単なる不倫よりバッシングの的になりやすかったわけですね。しかし、安易なバッシングに夢中になってしまう日本人は、やはり“不倫に不寛容”なのかと…。

坂爪 今回の騒動は、不倫だからこその盛り上がりというより、世間の人はむしろ“話題が豊富なスキャンダル”として消費していたような気がします。バッシングの方法も、「個人を吊るし上げて、叩く」という従来のスタイルばかりでした。「一回でも不祥事を起こせば、袋叩きになって一発アウト!」というように、日本は“不倫に不寛容”なのではなく、“失敗に不寛容”な社会なのだと思います。

―時には、まるで重罪扱いされた上で裁かれることもありますよね。

坂爪 それは「道徳的に問題がある人が不倫をする」とみんなが思っているからでしょう。しかし、不倫をしてしまう原因は、単純に個人の道徳の問題とは言い難い“社会の問題”と私は考えています。

―不倫といえば、「つい、出来心で…」という浮わついた気持ちから起こるイメージですが、違うのですか?

坂爪 多くの人が不倫報道に接して「けしからん!」と叩く背景には「誘惑に打ち勝つ意志さえあれば、不倫は防げるはず」という思い込みがありますが、それは誤解です。不倫というのは、男性女性問わず「自分は絶対大丈夫!」と思っている人でもハマってしまう、“誰にでも起こりうる問題”だからです。統計的に人間が“不倫をしやすい時期”というのも確かに存在します。

―それはいつなのでしょうか?

坂爪 男性側でいえば、妻の産前・産後の時期です。夫から父親になることと、セックスをしたいという性交欲が満たされないことが重なり、精神的に不安定になり不倫に走ってしまう。この場合、夫が育休をとって、妻や子供とちゃんと向き合うことが不倫防止の有効な手段のひとつになります。


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】藤木由貴、待望の水着グラビアデビュー!! 

もっと見る

Back Number

  • No.24 Jun 12th 2017
  • No.23 Jun 5th 2017
  • No.22 May 29th 2017
  • No.19-20 May 15th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.24