週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 新作『ガルム・ウォーズ』でタッグを組んだ押井守とジブリ・鈴木敏夫が明かす製作秘話「ここまで危ない橋を渡ったのは初めてです」

ニュース

新作『ガルム・ウォーズ』でタッグを組んだ押井守とジブリ・鈴木敏夫が明かす製作秘話「ここまで危ない橋を渡ったのは初めてです」

[2016年05月25日]

『イノセンス』以来、12年ぶりに本作でタッグを組んだ押井守監督(右)とスタジオジブリの鈴木敏夫氏が製作秘話を明かす!

1997年に撮影が開始されるも諸般の事情で製作が凍結された幻の実写映画『G.R.M.(ガルム戦記)』が『ガルム・ウォーズ』となって、ついに日本で公開!

原作・脚本・監督は押井守。“惑星アンヌン”を舞台に、戦うことでしか存在できないクローン戦士“ガルム”を描いた、押井ワールド全開のファンタジー作品だ。

全編英語で撮影された本作の日本公開にあたり、日本語版プロデューサーをスタジオジブリの鈴木敏夫が担当。実に「30年来の腐れ縁」というおふたりに対談前編(「日本語版を監督が見せてもらえなかった!?」)に引き続き、作品について語ってもらった。

* * *

―今回、撮影はすべてカナダで行なわれたとのことですが、その理由はなんだったんですか?

押井 (製作を担当した)プロダクションI.Gの石川(光久)さんがそういう話を持ってきたんですよ。カナダに「タックスクレジット」っていう便利な制度があって、それを利用してカナダで撮ると、製作費の4割を返してくれるんだと。

―でも、フタを開けてみると便利なだけの制度じゃなかったみたいですね。

押井 非常に怖い制度ですね。申請してもすぐにお金が返ってくるわけじゃないし、上限が4割なだけで絶対に4割返ってくる保証もない。つまり基本的には、すべての製作費をこちらで持つだけの資金力と覚悟がなかったらダメなんですよ。しかも、立て替えるお金がなかったらカナダの銀行が低金利で貸してあげますよ、という。

鈴木 悪質な金融業者みたい(笑)。

押井 それで、現地スタッフのギャラの支払いが滞って、撮影が何日か止まったりして。結局、プロダクションI.Gが製作費を立て替えることになったんですけど。だから、この映画が完成したのは、石川さんが「とにかくこの川を最後まで渡り切ろう」と決断したことが大きかったですね。いや、偉かったと思いますよ。普通の会社だったらとっくに潰(つぶ)れてますから。

―かなり危険な橋を渡ったんですね。

押井 そう思います。海外で現地の役者とスタッフを使って映画を撮るのは今回が3本目ですけど、ここまで危ない橋を渡ったのは初めてです。

―海外で映画を撮るメリットはなんですか?

押井  キャストの問題が大きいですね。特にこういうファンタジーを撮る時は、日本人の役者さんを使うこと自体にどう考えても無理があると思う。だから向こう で撮ることが決まる前は、向こうへ行って撮るのと、向こうの役者さんを呼ぶのと「どっちが安いんだろう」って計算までしてましたからね。タックスクレジッ トを利用することが決まる前までは、3年ぐらいかけて地道にコツコツと撮ろうと思ってましたから。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!