週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 韓国は欧州遠征で強豪国とマッチメイク…セルジオ越後が求める“キリン杯で日本代表が最低限やらねばならないこと”

連載コラム

韓国は欧州遠征で強豪国とマッチメイク…セルジオ越後が求める“キリン杯で日本代表が最低限やらねばならないこと”

[2016年06月02日]

新しい選手を呼ぶだけではなく、試合に使ってほしいと語るセルジオ越後

マッチメイクの印象としては可もなく不可もなくといった感じだね。

9月にW杯最終予選開幕を控えた日本代表が、5年ぶりの開催となるキリン杯(6月3日、7日)に臨む。

大会は4ヵ国によるトーナメント形式で、日本の対戦相手は初戦がブルガリア、2戦目がデンマークもしくはボスニア・ヘルツェゴビナ。いずれも間もなく開幕する欧州選手権(EURO)への出場を逃した国だ。

欧州のシーズンも終わったばかりで、選手のモチベーションは決して高くない。ひょっとしたら観光気分で来日するかもしれない。また、同じ時期にお隣の韓国は欧州遠征を行ない、EUROに出場するスペイン、チェコと手合わせすることを考えれば、日本も強豪との対戦を求めて、海外に打って出るべきだった。

ただ、それでも日本にとって欧州勢との対戦は貴重。しかも、3ヵ国とも主力選手を連れてきてくれるようだ。特にデンマークはMFエリクセン(トッテナム)やGKシュマイケル(レスター)、ボスニアはFWジェコ(ローマ)やMFピアニッチ(ローマ)が名前を連ねている。いずれも世界的なスター選手ではないけど、強豪クラブで活躍する実力者。アジアにはいないレベルの選手たちだ。

また、昨年から今年にかけてW杯2次予選があり、アジアの格下相手との対戦が続いていただけに、監督就任以降、初めて欧州勢と対戦するハリルホジッチ監督はもちろん、選手たちも新鮮な気持ちで、やりがいを持って試合に臨めるはずだ。

チームとしてのノルマはもちろん優勝。ホーム開催、そして相手との力関係、選手のモチベーションを総合的に考えれば妥当な目標であり、決して無理難題じゃない。

ちなみに、初戦のブルガリア戦に負けると、2戦目はTV中継の都合で試合の順番を入れ替え、日本が出る3位決定戦を決勝の後に行なうことになる。これほどカッコ悪いことはないし、絶対に避けなければいけないね。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017