週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「自民党の改憲案は『個性を持った個人の尊重』という原則を捨て去ろうとしている」

ニュース

宗教学者・島薗進×憲法学者・小林節 「自民党の改憲案は『個性を持った個人の尊重』という原則を捨て去ろうとしている」

[2016年06月17日]

憲法改正を背後で操る組織に、宗教学者の島薗進氏(右)と憲法学者の小林節氏が迫る!

「日本を、取り戻す。」というキャッチフレーズの下、第2次安倍政権が誕生してから間もなく3年半。この国の姿は急激に変わろうとしている。

この夏の参院選で安倍首相は、改憲勢力で3分の2以上の議席を獲得し、悲願の「憲法改正」に向けて、強い意欲を示している。

そんな中、にわかに注目を集めているのが、憲法改正の必要性を主張し、安倍政権に大きな影響力を持っているといわれる保守系市民団体「日本会議」の存在だ。その関連団体「美しい日本の憲法をつくる国民の会」は、日本会議の元会長などが役員を務め、改憲に賛同する1千万人の署名を集めようとしている。

安倍政権と日本会議はなぜこれほどまでに改憲に熱心なのか? この国を誰から「取り戻そう」としているのか? そして彼らが目指す「美しい国、日本」の姿とはなんなのか?

日本会議の背景にある「国家神道」や「新宗教」に詳しい宗教学者の島薗(しまぞの)進・東京大学名誉教授と、日本を代表する憲法学者で慶應義塾大学名誉教授の小林節(せつ)氏のふたりに「立憲主義の危機と宗教」について語ってもらった。

■自民党改憲案は、憲法が保障する思想、信教の自由を無視

―7月の参院選では安倍首相自ら「悲願」だと公言する憲法改正が重要な争点のひとつだと思いますが、そこで注目を集めているのが「日本会議」の存在です。ただし、日本会議については、その実体が明らかでない点が多いのも事実です。彼らをどう捉えるべきなのでしょうか。

島薗 『愛国と信仰の構造』(共著・集英社新書)で分析したように、私は日本会議を戦前の国家主義を支えた国家神道に極めて近い思想を持つ宗教ナショナリズム、つまり「国体論」に根ざした団体だと捉えています。

ここでいう「国体」というのは、「日本が天照大神から続く神の子孫であり、万世一系のつながりを持つ天皇家の下に途切れることなく続いてきた、世界にも他に例を見ない素晴らしい国である」という考え方で、これは今の安倍政権や日本会議がよく使う「美しい伝統の国柄」という言葉の背後に隠れているものです。

非常に心配なのは、そうした人たちが「国家主義」あるいは「全体主義的」な方向性をもって、今の政治勢力を支えているということです。今回、安倍首相がG7サミットを三重県の伊勢志摩で開催したことも、天照大神を祀(まつ)った伊勢神宮が国家神道における最高位の施設であるという文脈を見落としてはならないのです。

小林 憲法学者として日本会議について申し上げると、彼らの思想が端的に表れているのが自民党改憲草案です。『「憲法改正」の真実』(共著・集英社新書)でこの改憲草案をこと細かく点検しましたが、この草案の最大の問題のひとつが、戦前の教育勅語(ちょくご)のような道徳を憲法の下で押しつけていることにある。

「天皇」は神であり、日本はその天皇を頂く「神の国」であるという思い込みが、私が長く付き合ってきた自民党議員たちの中に根強くあります。それが日本会議の思想と共鳴してでき上がったのが改憲草案といえるでしょう。この草案は、現行憲法が保障する国民の「人権」を蔑(ないがし)ろにするものだし、「信教の自由」とも明らかに矛盾する。

だからこそ、彼らは日本国憲法を敵視し、早く廃棄したいと躍起(やっき)になっているのです。現行憲法を支える「立憲主義」や「民主主義」をも憎んでいます。


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】こんな浅川見たことない! 浅川梨奈の最高傑作!

もっと見る

Back Number

  • No.15 Apr 10th 2017
  • No.14 Apr 3rd 2017
  • No.13 Mar 27th 2017
  • No.12 Mar 20th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊NEW YEAR2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.15