週プレNEWS TOP 連載コラム 週プレ外国人記者クラブ なぜ日本には3万9千人もの子供が養護施設にいるのに、里子に迎えられるのはわずか12%なのか?

連載コラム

なぜ日本には3万9千人もの子供が養護施設にいるのに、里子に迎えられるのはわずか12%なのか?

[2016年06月24日]

「子供の数は減っているのに施設で暮らす子供たちの数は逆に増えつつある」と指摘するマックニール氏

英誌「エコノミスト」などに寄稿する、アイルランド人ジャーナリストのデイビッド・マックニール氏は先日、東京のある児童養護施設を取材した。

施設で暮らす子供たちの生活や日本の「養子縁組」の実態を調べる中で、彼は日本と西欧の大きな違いに驚いたという。その違いとは何か? 「週プレ外国人記者クラブ」第37回は、日本の養子縁組が抱える問題について、マックニール氏が語る。

***

-日本の「養子縁組」について取材する中で、どのような点に驚いたのですか?

マックニール 東京の広尾にある「広尾フレンズ」という児童養護施設を取材したのですが、その取材を通じて、日本では親のいない子供たちを養子として引き取るケースが大変少ないことを知り、とても驚きました。

現在、日本には約3万9千人もの子供たちがこうした児童福祉施設で暮らしていますが、そのうち、里親に引き取られたり養子縁組をするなどして新たな家族の下で暮らせるのは、わずか12%ほど…。これは、豊かな先進諸国の中では最も低いレベルです。

ちなみに、日本では年間約8万件の養子縁組がありますが、これらのほとんどは家業を継いだり、あるいは遺産の相続などのための「大人の養子縁組」で、施設で暮らす子供たちの養子縁組は、そのほんの一部です。

統計によると、2014年に養子として新たな家族に迎え入れられた子供の数はわずか513人、2015年3月時点で里親の下で暮らす子供たちの総数は4731人に過ぎません。そのため、大多数の子供たちは親のいない環境のまま、大人になるまでこうした施設で育つことになります。

-日本では親のいない子供たちを養子として育てるケースが他の先進国と比べて少ないのですね。ただ、日本人的な感覚からすると、今、マックニールさんが比較対象として挙げた、家業や相続などの理由による「大人の養子縁組」と、親のない子供たちを引き取る養子縁組は、同じ「養子」でも全く別モノという気がします。

マックニール 確かにそうかもしれませんね。それでも日本は西欧諸国と比べて里親になる人が少ないのは事実ですし、その結果、施設などで暮らす子供たちの多くが大きな社会的ハンディキャップを背負わされているのも事実だと思います。

私が取材した施設では、スタッフたちは愛情をこめて精一杯子供たちのケアをしていましたが、本来であれば子供たちは「親の愛情」を受けながら成長していくのが理想です。また、施設で暮らす子供たちの多くは経済的にも「格差」を背負ったまま社会に出ていかなければなりません。日本ではなぜ、こうした子供たちを里子として引き取り、新たな家族の一員として育てるというケースがこんなにも少ないのか? その理由や社会的な背景が知りたいと考えました。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27