週プレNEWS TOP ニュース ライフスタイル 「それでも不倫してよかった」と語る、彼女たちのメリットとは?

ニュース

「それでも不倫してよかった」と語る、彼女たちのメリットとは?

[2016年07月07日]

不倫経験のある女性に「してよかった理由」を聞くと、一番多かったのは「セックス」という回答だった

ゲス極・川谷とベッキーやファンキー加藤のW不倫など、今年に入ってドロドロの不倫騒動が連発! なんかあまりいい印象のない不倫だけど、実は経験女子の半数は「不倫してよかった」と思っているらしい。

一体、何がよかったの? 彼女たちが赤裸々に語ってくれた中から、今回はエッチの相性についてをピックアップ…。 

●不倫時期…28歳~現在(久美さん[仮名] 29歳・コンピューター)

―不倫相手はどのような男性?

「6歳年上。社内の別部署の上司です。もともとは同じセクションにいて、相談相手のひとりでした。恋愛のことや仕事のことをグチったりして。でも、そのうちなんとなくそれが恋愛感情に変わっていき、ある飲み会の後、カレに『おまえってキレイだよな』と言われてキュン。お付き合いをする流れになりました」

―不倫をしてから何か変わったことは?

「社内不倫なので、周りの目には徹底的に気をつけています。よそよそしくならないように、不倫前と変わらない仲良しのままをキープする。軽口も叩く。デートする場所はそれまでと変わらない所で。ホテルは社内の人が来ないような場所に別々に入るなど。

まぁ、正直、不倫を始めてから後ろめたい気持ちになって涙を流すことも多いです。でも切なさを含めてロマンチックな気持ちになれるし、カレには大切にしてもらえるし、ワガママも言えるし、状況を冷静に分析しなければ普通の恋愛よりいいくらいだと思います」

―そう思えるほど、不倫してよかった理由はなんですか?

私の場合はカレとのエッチの相性がよかったこと。カレと出会う前もエッチは大好きでした。好きな人と触れ合えるのは幸せだから。でも“イク”ってことがわかってなかったんだと実感しています。カレとの最初のエッチのときは優しい感じで心は満たされたのですが、あぁ、こうなっちゃったかという複雑な思いも少しあったのか、なかなか濡れずにぎこちなかったかもしれません。

でも、2回目のエッチから今に至るまでは毎回イカされっぱなし。とにかく前戯が丁寧。私の反応を見ながら感じる場所を攻めてくれます。

私の場合は首筋だったり、乳首や太ももの内側が弱いのですが、最初『ココだね』と言われたときはその声にキューンとなってもうダメって感じでした。『リラックスして』『体の力を抜いて』と言いながら感じるところを触ったり、キスしたりしてくれる。指でクリを優しくこすってくれたり、ローターを当ててくれたりしてあふれるくらいになってから挿れてくれるのですが、それがピッタリなんです隙間なく私の中がカレでいっぱいになるから少し動いただけで感じてしまうしかもその間、指やローターでクリを刺激してくれているので、本当にダメになります。

初めてイッたときは『あああああ』と真っ白になって、脚を突っ張りすぎたのか攣(つ)ってしまいました。でも動かしたくて腰を動かしてしまうような、そんなイクです。もう声も出なくて涙が出ました。『これがイクってやつか。スゴイ』と思ったのを鮮明に覚えています。

相性がいいので、どんなことをしてもイッてしまうのですが、その後も基本はこのパターン。どんな体位でも気持ちがいい。今まではエッチの入り口にいたくらいの程度で、カレと出会ってからはエッチの本当に奥深いところに入っていった感じ。

ホントに衝撃的な経験だったので、一時期ずーっとエッチしたい状態になり、『ふたつ上のフロアにカレいるんだな』と思うだけで濡れて、ちょっと狂いそうでした」


馬場ふみかカレンダー

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.31 Jul 31st 2017
    • No.30 Jul 24th 2017
    • No.29 Jul 17th 2017
    • No.28 Jul 10th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小倉優香、いま日本で一番水着が似合う女の子!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.31