週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 古賀茂明が提言「新知事に実行してほしい5つの政策」

ニュース

古賀茂明が提言「新知事に実行してほしい5つの政策」

[2016年07月18日]

東京五輪、教育無償化、財政の見直し……古賀茂明氏が新都知事に期待する政策を提言!

31日の投開票に向け、21人の候補者が論戦を繰り広げる東京都知事選。

今度こそ、長期で都政を任せられる人を選びたいものだが、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、新知事に実行してほしい「5つの政策」を提言する。

* * *

参院選が終わり、次は都知事選(7月31日投開票)だ。そこで、新都知事に実行してほしい政策をリストアップしてみよう。

まずは東京五輪関連。新都知事は招致を巡る不正裏金疑惑の解明に着手してほしい。

そのためには都議会に百条委員会を設置し、都自らが調査に乗り出す必要がある。電通などの関係者も呼んで、徹底的に追及する。そして不正が明らかになったら、そのまま開催するのか、招致返上するのかを都民投票で決めるべきだ。

東京五輪はスタジアム問題などで当初の予算を大幅に上回ることが確実だ。都が積み立てた約4千億円の基金では足りず、都民は新たな負担を求められることになる。新都知事はこのまま五輪を開催してよいか、都民にその意思を聞くべきだ。ゴタゴタ続きの五輪組織委員会は一度解散し、都民の代表が参加できる新しい委員会として再発足させる。もちろん、森喜朗会長には辞任してもらう。

そして次は教育問題。今後、人口減が予想される東京都を活力ある都市として復活させることも新都知事の重要な仕事だ。それには若年層人口を増やすだけでなく、若い人たちの所得を向上させないといけない。そして、稼げる力を身につけるには何よりも教育が重要。新都知事は2歳から高校卒業までの育児・教育無償化を実現してもらいたい。

3つ目は財政の見直し。五輪特需で人件費や建設資材が値上がりするなど、公共事業の単価が高騰している。建設費が高いときに公共事業を発注することはない。災害対策を除き公共事業は手控えて都の財政を節約し、本当に必要な公共事業は工事単価が安くなる五輪終了後に行なうべきだ。これなら五輪特需後の景気の冷え込み対策にもなる。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017