週プレNEWS TOP 連載コラム 語っていいとも! 語っていいとも! 第27回ゲスト・彦摩呂「僕は藤山寛美さんみたいなおっちゃんになりたかったんです」

連載コラム

語っていいとも! 第27回ゲスト・彦摩呂「僕は藤山寛美さんみたいなおっちゃんになりたかったんです」

[2016年07月24日]

hikomaro-36

―丙午(ひのえうま)の1966年です。出身は仙台なんですけど、10歳から13歳まで3年間、大阪にいたんでどこかですれ違ってたかも(笑)。

彦摩呂 えー! 大阪のどの辺にいらっしゃったんですか。

―千里の万博公園とか毎日放送も近くで。駅はJRの千里が丘なんですが。

彦摩呂 あー、じゃあすごい環境がいい所ですよ。ニュータウンのマンションとかでき始めた頃ですよね。

―阪急のニュータウン側ではなかったんで、そんなよくもなかったですけど。特にあの時代は『金八先生』世代というか、荒れる中学校みたいなのがいっぱいありましたよね?

彦摩呂 校内暴力ピークの頃でね。そうでしたわ、みんな悪かったな~。うちの学校の通学時も雨降ったら傘立てを玄関に入れろって、周りの住民が。うちらの生徒がパクるんですよ。あと、プール覗くからって塀が3メートル高くなったりね。

―あははは! それぐらいはね、かわいい話ですけど。今となれば、よき時代の昭和な。

彦摩呂 そうですそうです。あと、チェッカーズとか流行りませんでしたか? 学ランもちょっとずつボンタンから短ランになって。靴はコンバースが流行って!

―そうそう! 学ランの裏地の刺繍もね、龍虎から何からあって次々と。その新ラインナップのカタログを最初に手に入れて持って行くと、ちょっと自慢できるという(笑)。

彦摩呂 はいはいはい。風林火山とかね。はははは! で、鞄はぺっちゃんこでしょ。お湯につけて。

―そうそうそう(笑)。鍋で蒸したりするんですよね。いかに幅が薄くできるかで不良たちが競い合ってるみたいな。

彦摩呂 芯抜くんですよ。柔らかくして。ほんま同世代ですわ。

―髪の毛は剃りが深く入ってるのがカッコいいとか。あと、クリームソーダの髑髏(どくろ)の財布を後ろポケットに入れたり…なめ猫ブームとかもきましたね。

彦摩呂 はははははは!(手を叩いて)今考えたらダサいですけどね!

―笑けますよね。いや、すっかり昭和を語るになってますけど。

彦摩呂 面白いです。男がサンダルみたいなん履いてね、ウンコ座りして。今まだおったらイリオモテヤマネコ見つけたみたいな。絶滅危惧種ですわ。まだおんねや!みたいな(笑)

―不良がかってるのが怖いはずだったのに、今や愛らしいくらいな。中二で仙台に戻ったら、そっちのほうが余程荒れてたんですけど(笑)。実は今度、初めて同窓会の案内が届いて、卒業アルバム見直したら、剃り込み間違えて入れすぎた奴とか、その絶滅危惧種だらけで(笑)。

彦摩呂 ははははは! いいやないですか。そういう格好して写ってる写真もOKだったですもんね。でも、そいつらも今恥ずかしいやろな~。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】小倉優香、タイで見せた新しい顔。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27