週プレNEWS TOP ニュース アイドル 世界最大の「東京アイドルフェスティバル2016」レポ! この夏、一番輝くアイドル!出てこいや!!【中編】

ニュース

世界最大の「東京アイドルフェスティバル2016」レポ! この夏、一番輝くアイドル!出てこいや!!【中編】

[2016年08月16日]

今年で7年目を迎えた東京アイドルフェスティバル

7年目を迎えた東京アイドルフェスティバル2016(以下、TIF)。

ついに今年から開催が1日増え、8月5日(金)~7日(日)の3日間。東京・お台場で行なわれた。

参加グループは昨年の154組から、なんと約2倍と過去最多の301組! そして来場者は7万6千人! まさに世界最大のアイドルフェスとなったTIFは、さらにアツく燃え上がった!

初日のステージを紹介した前編に引き続き、中編では8月6日(土)の模様をお届けする。この日もキラキラと輝いていたアイドルたちを、じっくりと振り返ってほしい!

【8/6】

●まねきケチャ[SMILE GARDEN]001_まねきケチャ
TIF、2日目。朝の10時40分、スマイルガーデンに登場したのは、前日行なわれていた「メインステージ争奪バトル」で見事優勝し、3日目のHOT STAGEに立つ権利をゲットしたまねきケチャだ。

真夏のTIFに似つかわしくない、冬服セーラーで登場。1曲目の『冗談じゃないね』が始まった瞬間、いきなりボルテージはMAXへ! この曲の盛り上がりといったら! サビの「じょー!じょー!じょじょー!」と腕を振り上げ、「イイネ!イイネ!イーネ!」と頭を振りながらのウロウロする一連のムーブーーここでのメンバーの可愛さとともにハンパない! 会場の空に沸き立つ砂埃。舞う冷えピタ。アツい! とんでもなくアツい!!

そして、その盛り上がりから、最強の泣き&盛り上りソング『きみわずらい』へ――生きるのがあんまり上手くなくて、日常がまるで地獄で。でも、“キミ”がいてくれたら、そのすべてが美しく輝く。狂わせられる愛しいキミを思うたびに“ボク”はどんどん“キミ”に侵されていく。5人の個性的な声が絡み付くように心に染み込んでいく。あぁ、この曲を聞くと、なぜなんだろう…じゅくじゅくと心が痛む。そして、なぜか涙が出てきそうになる。

朝の光、真っ青な空の下で、どんよりと心をエグるような青春。でも、彼女たちの爽やかな声が聞く者たちを救ってくれるのだ。5人の個性的な美少女が繰り出すこの世界観。「まねきケチャわずらい」患者が増えるのも納得のいくステージだった。

●La PomPon[SMILE GARDEN]002_ラポンポン
ビーイングが生んだアイドルグループ。オープニング、どこかで聞いたことある曲だなと思ったら、アニメ『名探偵コナン』のオープニング曲・小松未歩の『謎』のカバーだった。2曲目は9月7日に発売される『恋のB・G・M~イマハ、カタオモイ~』。そして最後が『ろっぽんぎ体操~愛コトバはジャンパラポン!~』。曲が始まる前にKARENが「サビに『欅坂』というワードがあるので、後ろにいる欅坂46ファンの皆さんも一緒に盛り上がってくださ~い!」と、次の欅坂46を見るために集まっていたファンにもしっかりアピール。会場がひとつになって元気に盛り上がっていた。

●欅坂46[SMILE GARDEN]003_欅坂
欅坂46の初参戦は今年のTIFの目玉のひとつ。その注目度は高く、整理券は瞬殺。開始前には大量のファンが観覧エリアに殺到し、土埃が舞った! 1曲目はデビューシングルの『サイレントマジョリティー』、センターの平手友梨奈が圧倒的な存在感を見せる。MCでは菅井友香が「私たちといっぱい汗をかきましょう!」と盛り上げ、“ゆいちゃんず”(今泉佑唯/小林由依)による『渋谷川』。ふたりでギターをかき鳴らし歌い上げる姿にほっこり。

ラストは長濱ねるも加わって、最新曲の『世界中には愛しかない』。どちらかといえばインドアなイメージの強い彼女たちだが、野外ステージで爽快感あふれるパフォーマンス。スマイルガーデンにフレッシュな風を吹き込んでいた。

●Dorothy Little Happy[SHIP STAGE]004_ドロシー
正午を迎える炎天下の中、今年もTIFに現れたドロシー。昨年はメンバー編成が変わったばかりだったこともあり、バックダンサーを3人従えていたが、今年はオリジナルメンバーのふたりだけで登場。まず披露したのは『デモサヨナラ』。SHIP STAGEにファンの「オレモー!」が響き渡る。ドロシーといえば、TIFといえば、この曲!というファンも多いだろう。盛り上がりはものすごくアツいが、ドロシーの爽やかさによって、空間に清涼感が生まれる。

その後は『2 the sky』『バイカラーの恋心』『恋は走りだした』といった、彼女たちらしい切なさをまとうナンバーを笑顔で歌い踊った。MCでは、KANAが「夏、海、ドロシー、TIF!」と発言。その言葉の通り、アイドルファンの夏にドロシーは欠かせない。今年も純白の衣装と汗がキラキラと光る、アイドルの中のアイドルというようなステージを見せてくれた。

●sora tob sakana[DREAM STAGE]005_ソラトブサカナ
真夏の真っ昼間。フジテレビの目の前に設置されたDREAM STAGE(旧マイナビステージ)に太陽の光がガンガン降り注ぐ。立っているだけでも汗がにじんでくる。そんな灼熱のステージに現れたのは、真っ白な衣装で現れたsora tob sakana。高校生ひとり、中学生3人のイノセントな4人組だ。

ピピピ…という心地良い電子音が鳴り響く。彼女たちの定番曲『魔法の言葉』だ。サビでは「魔法のこ~と~ばっ!」部分のちょいファルセットが胸をくすぐる。最年少の山崎愛(まな)が、ぎこちなく笑う。神崎風花がパカっと口を開いて笑う。太陽の光に照らされた4人の少女たちーー。白い衣装が光の加減か青く見える。DREAM STAGE後方の壁も青く、まるで少女たちは水の中にいるようだった。パタパタと踊る少女たちは、まさにオサカナだった。


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】藤木由貴、待望の水着グラビアデビュー!! 

もっと見る

Back Number

  • No.23 Jun 5th 2017
  • No.22 May 29th 2017
  • No.21 May 22nd 2017
  • No.19-20 May 15th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.23

週刊プレイボーイグラビア増刊GW2017