週プレNEWS TOP ニュース 社会 留置場体験を告白した作家・冲方丁が周防正行監督と“笑えない現実を笑う”トークイベント開催

ニュース

留置場体験を告白した作家・冲方丁が周防正行監督と“笑えない現実を笑う”トークイベント開催

[2016年08月18日]

『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』刊行を前に因縁の渋谷警察署の前に立つ冲方氏

昨年、妻へのDV容疑で逮捕された作家・冲方丁(うぶかた・とう)が沈黙を破り、自身の身に突然降りかかった事件の全貌と留置場生活について語り下ろした『週刊プレイボーイ』での連載が話題を呼んだ。

その舞台裏をまとめた手記『冲方丁のこち留 こちら渋谷警察署留置場』(集英社インターナショナル)が8月26日に刊行されることとなり、その発刊記念公開トークイベントも東京・新宿のロフトプラスワンで8月29日に開催される。

本屋大賞のほか数々の文学賞を受賞した人気作家だけに、逮捕の報はTVやネットで大々的に報じられたが、すでに不起訴処分が確定していることから無実は確定。ではなぜ、この事件は起こったのか? またイベントではどんなことが語られるのか? 現在の胸の内を直撃した――!

■理不尽な逮捕劇を「喜劇」として語る

―突然の逮捕騒動から、はや1年が経過しました。手記の発売を今月26日に控えた、今の心境を聞かせてください。

冲方 あの事件以降、公私ともに慌ただしく過ごしていたら、あっという間に1年が経ってしまいました。昨年から今春にかけて、一連の顛末の手記を『週刊プレイボーイ』で連載し、1冊の本に仕上げていく中で、この出来事の“出口”が見つかったように感じています。突然の逮捕と9日間におよんだ留置場での理不尽な体験を通じて見えてきた警察、検察、裁判所の驚きの実態を「喜劇」として世に伝えていくしかない、と。

―理不尽を通り越して、もはや滑稽(こっけい)であったということでしょうか?

冲方 そうですね。連載を始めるにあたって、最初は「このとんでもない現実を活字にしてやる!」と、かなり気負い込んでいたんです。しかし、実際にこうして連載を終え、1冊にまとめるにあたって、国家権力の内幕を喜劇と捉える視点を得たことで、ようやく余計な力が抜けてきました。おかげで今は、この1件をより広い視点で考えられるようになったと思います。

―逮捕時はかなり大きく報じられましたが、あれ以降、周りの人々に何か変化はありましたか?

冲方 親切な人が増えました(笑)。皆さん、僕がこの事件で相当追い詰められているのではないかと心配して下さっていて、本当にありがたいですね。信頼すべき相手とは、さらに信頼が深まった感じです。仕事面での大きな支障はなく、むしろ以前より増えています。この夏はこの10年で一番睡眠時間が少ないかもしれません。約1年前、留置場で9日間もの間、自由を奪われたストレスの反動で今も仕事をしている感じで、ちょっとマズいなと。

―では、週プレ誌上で手記を公開したことで、どのような反響が?

冲方 ファン、そして関係者からも「どうなっちゃうんだろうとドキドキしながら読んでます」という声を毎週たくさんいただきました。あるいは、警察内部のリアルな実態を知って「ショックを受けた」という人もいましたね。


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!