週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 新日本・KUSHIDAが語る、『SUPER J-CUP』の“天下一武道会”っぷり

ニュース

新日本・KUSHIDAが語る、『SUPER J-CUP』の“天下一武道会”っぷり

[2016年08月20日]

現IWGPジュニアヘビー級王者として世界を舞台に名を馳せるKUSHIDA選手

8月21日、有明コロシアムで『SUPER J-CUP 2016』決勝が開催される。

1994年に獣神サンダー・ライガーの発案で初開催された伝説のトーナメントで、今回の第6回大会は前回から実に7年ぶりとオリンピック以上にレア!

7月20日に行なわれた1回戦には新進気鋭の若手に地方団体の代表兼選手、元WWEスター、イギリスやメキシコから空中殺法の名手と国内外から団体の枠を超え16選手が集結し、まさにジュニアヘビー級オールスター戦の様相。

その中から獣神サンダー・ライガー、タイチ、KUSHIDA、拳王、田口隆祐、金丸義信、オスプレイ、マット・サイダルの8選手が勝ち抜き、8月21日の1DAYトーナメントで優勝者が決まることとなった。

* * *

そこでキーパーソンのひとりとなるのがKUSHIDA選手。現IWGPジュニアヘビー級王者であり、空中殺法からサブミッションまで使いこなすオールラウンダーが、チャンピオンとして多忙な中、トーナメント最終戦への意気込みから自身のルーツ、そして“ジュニアの顔”としての矜持まで語ってくれた!

―KUSHIDAさんの経歴は面白くて、プロレスラーになったのがメキシコなんですよね。

KUSHIDA そうですね。大学生の時に自費でメキシコに行って現地でライセンスを取り、ルチャドールとしてデビューしました。

―以前、KUSHIDA青年のメキシコ修行時代について伺ったことがありますが、練習場のマットはボロボロだし強盗に遭いそうになるし、過酷すぎる環境! 部屋に戻ったら知らない不良少年達がいたこともあったとか?

KUSHIDA ああ、ホテルの部屋のカギを締め忘れて出かけて、買い物から帰ってきたら見知らぬ不良少年達のたまり場になっていたという。ドアを開けたら4人ぐらいが「逃げろ~!」って駆け出してきて、もう殺されるかと思いました(笑)。先日、久々にメキシコ遠征に行ってみて、改めてその過酷な環境に気付きました。学生の頃になんのツテもなくよく来たなと。一歩間違えば命の危険もあるような国なんで。

―そんな勇気を振り絞ってプロレスラーになる夢を掴んだワケですが、そのメキシコ遠征はいかがでしたか?

KUSHIDA 今回は新日本プロレスの選手として行ったのでまだマシでしたね。でも5キロぐらい痩せてしまいました。着いた日にそのまま2試合ありましたし、帰る日にも3試合あって会場からすぐ空港に直行するという(笑)。20日間で17試合したんですが、合間に移動や取材もあって、トレーニングをする間もないぐらいで。食事も毎食タコスと言うわけにもいかず、試合前にサクッと食べられるようなそばやうどんもないし、日本のコンビニのありがたみを感じましたね~(笑)。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!