週プレNEWS TOP ニュース 社会 「世界文化遺産の美術館を建てたのはファシスト」って、不都合な真実?

ニュース

「世界文化遺産の美術館を建てたのはファシスト」って、不都合な真実?

[2016年08月21日]

偉人がファシストだったという話は少なくないと語るモーリー氏

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンが「世界文化遺産」「近代建築」について語る。

* * *

東京・上野公園の国立西洋美術館を含む、フランスの建築家ル・コルビュジエが手がけた7ヵ国・17作品が世界文化遺産に登録されることが決まりました。

ル・コルビュジエは「住宅は住むための機械」という思想の下、鉄筋コンクリートを使った建築作品を数多く発表しており、近代建築の礎を築いた20世紀の偉人として、その評価は揺るぎないものになっています。

一方、欧米のメディアが注目しているのは、「ル・コルビュジエはファシストだった」という“不都合な真実”。第2次世界大戦中のドイツ占領下のフランスにおいて、ル・コルビュジエは対独融和を推し進めたフィリップ・ペタン元帥率いるヴィシー政権に非常に協力的だったのです。ちなみにペタン元帥とは、フランス国内ではナチスへの協力者(=フランスから見れば裏切り者)としてたびたび批判される人物です。

そもそも、ル・コルビュジエの“美しい世界観”を実現するためには、個人の価値観などというものはジャマでしかありませんでした。例えば、1925年に彼が提案した都市計画は、パリの歴史的な街並みをことごとく破壊し、まったく新しいものにするもの。これは実現に至りませんでしたが、彼のビジョンは巨大で独裁的な力を借りることで、初めて成り立つものだったのです。

言い換えれば、ル・コルビュジエは自分の“仕事”を遂行するためなら、たとえナチスの側につくのもいとわなかった。ある専門家によれば、彼は約20年間にわたってファシズムに漬かり、権力者に住宅建設や都市開発の助言をするなどしながら活動していたとのことです。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018