週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 戦車×女子高生で大人気の『ガルパン』。何度見ても発見がある“超こだわり”の裏側

ニュース

戦車×女子高生で大人気の『ガルパン』。何度見ても発見がある“超こだわり”の裏側

[2016年08月30日]

(C)GIRLS und PANZER Film Projekt

謎の戦車アニメが異例のヒットを飛ばしている。

『ガールズ&パンツァー』(通称:ガルパン)は2012年から放送されたTVアニメで、学園艦と呼ばれる船の上に高校があり、女子高生がスポーツとしての”戦車道”を学校対抗で競うという学園ドラマ。戦車戦のシーンがあまりにスゴいと、従来のアニメファンに留まらない幅広いファンを獲得している。

TVシリーズの人気を受け、昨年11月に全国の映画館で公開された『ガールズ&パンツァー 劇場版』は、なんと半年以上に渡って劇場公開中で興行収入は22億円を突破。

そのヒットは映画だけに収まらず、舞台となった茨城県の大洗町は“聖地”とされ国内外から多数のファンが“巡礼”、映画に触発された普通のサラリーマンが戦車のプラモデル作りにハマり、戦車プラモが店頭から姿を消すなどの現象も起きている。

自身もかなりのミリタリーファンとして知られるバンダイビジュアルの杉山潔プロデューサーにお話を伺った前編インタビューに続き、その後編!

―例えば、フィンランドの戦車「BT-42」は、小回りも効いてカワイく見えてくるほどでしたが、実際もそんな動きをするんですか?

杉山 さすがにアニメですから、ある程度のデフォルメはしています。戦車は遅い車両だと時速20キロとか30キロほどで、リアルな速度で戦車戦を描くと退屈なんで、スピードは少し速めにしたりしています。

被弾して履帯が外れた状態で走るシーンがありますが、「BT-42」は実際に履帯(=キャタピラー)が外れても走る戦車なのは確かなんです。とはいえ、実際にはチェーンを軌起道輪と転輪に繋がなきゃいけないとか一応、段取りはあるんですね。でも、それをわざわざ時間を費やして描いても観てるほうはダレるじゃないですか。

だから誇張するところと本当にリアルに作るところはメリハリで分けていますね。リアルに作っても面白くなかったら意味がないので。本当にリアルなものが見たいなら実写映像を見ればいい話ですし、私達が作っているのはエンターテインメントなので、そこの足し引きは当然しています。

―そういう意味では、女のコたちが乗る戦車が特殊な「謎のカーボン素材」で守られているという設定で、実弾を撃ち合っても誰も死なないので安心して見られます!

杉山 「いつ死ぬんだろう」という不安感がなく観てもらえるものにしたいと思っていたので、安心して見ていただけるというのはすごく嬉しい評価ですね。最初に戦車と女のコで作品を作るとなった時に、まずスタッフ間で確認し合ったのが「人が死ぬような凄惨なものを作るのはやめましょう」ということなんです。戦車戦をリアルに描けば、血まみれで肉体がバラバラになってしまうような、そういうものなので。

私達はあくまでも女のコたちが知恵と勇気と友情で、弱小チームでどうやって強豪校と戦っていくのかという話を作りたかったので。脚本を吉田玲子さんという女性の脚本家にお願いしたのもガールズトークをイキイキと描いた上でストーリーを展開したかったからです。そもそも野球のようなスポーツ物と一緒なんです。バットとグローブとボールの代わりに戦車を使ってるだけなので、そこに人の死は必要ないんです。

garupan016 6

バンダイビジュアルの映像プロデューサー・杉山潔氏


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!