週プレNEWS TOP ニュース 政治・経済 北朝鮮潜水艦から核ミサイル!?「射程は日本全土。攻撃目標は米軍基地の街」

ニュース

北朝鮮潜水艦から核ミサイル!?「射程は日本全土。攻撃目標は米軍基地の街」

[2016年09月06日]

中国上空を飛行中の旅客機内から、島根県在住の女子高校生がたまたま撮影した写真。飛行機雲のような筋が地平線の向こうから上昇し、光体がふたつに分かれていったという

日本時間8月24日午前5時半頃、中国・黄海上空を南へ向けて飛行していた、フィンランド・ヘルシンキ発福岡空港行き「フィンエアーAY75便」。その機内から、島根県在住の女子高校生が「飛行機雲のような筋が真っすぐ上がり、やがて光体がふたつに分かれた」のを目撃し、とっさに撮影した。

その現象が見えたのは機体の東側――つまり、日本海の方角である。偶然にも撮影されたこの写真は、専門家の分析によれば、ほぼ間違いなく北朝鮮が発射実験に成功したSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)であるという。

日本海に面した北朝鮮北東部の咸鏡南道(ハムギョンナムド)・新浦(シンポ)付近の海中から発射され、史上初めて日本の防空識別圏内に落下したこのミサイルの正体は何か? 軍事アナリストの毒島刀也氏はこう分析する。

「これは日本でも有名になったテポドンやノドン、ムスダンではなく、北朝鮮で『北極星1号』、NATOコードネームでは『KN-11』と呼ばれる謎の多いミサイルです。今年4月23日の発射実験とその後に公開された燃焼試験の映像から、固体燃料を使った2段式ミサイルと推測され、サイズは直径1.5m、長さ9.0m、発射重量14t程度と見積もられています」

確かに、撮影した女子高校生の「光体がふたつに分かれた」との証言も、ミサイルが2段式であることを裏づける。毒島氏が続ける。

「今回の発射実験では、日露両国の領海に落ちることを避けるため、高く上げて垂直に近い角度で落下するロフテッド軌道を採っていました。そのため飛翔距離は500㎞程度にとどまりましたが、弾体の規模からみて、実際の射程は2千kmほどあると考えられます」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018