週プレNEWS TOP ニュース スポーツ まもなく天王山! 国内最速ハコレース「スーパーGT」が人気な理由

ニュース

まもなく天王山! 国内最速ハコレース「スーパーGT」が人気な理由

[2016年09月28日]

GT500クラスを制した立川祐路&石浦宏明、GT300クラスは井口卓人&山内英輝が制した

プリウスとランボルギーニがガチンコでその速さを競い合う!? 

ウソのようなホントのレースが「スーパーGT」なのである。その人気の秘密とレースの結果を、モータージャーナリスト・河口まなぶが解説!

■国内最速ハコレース、スーパーGTの魅力

スーパーGTの人気の理由は、われわれの知っている市販車をベースにしたレーシングカーが、まさにノーガードの殴り合いのようなバトルを繰り広げ、最速を競い合っていることにある。レースはGT500とGT300という2クラスが同時に行なわれる。GT500クラスは見た目こそレクサスRC F、日産GT-R、ホンダNSXという国産トップのスポーツモデルだが、中身は完全なる別物なのである。

一方のGT300クラスは世界のスーパースポーツをベースにしたレーシングカーから、日本のトヨタ・プリウス、スバルBRZ、トヨタ86などあらゆるジャンルのクルマが混走し、熱い戦いを展開している。この混走こそがスーパーGT最大の魅力だ。というのも、超速のGT500車両がバトルをしている最中に、遅いGT300車両が走行しているため、GT500車両にとっては邪魔でしかない。しかし、GT300車両を上手に使って相手を出し抜く…というようなテクニックをファンは見られるのだ。

逆にGT300車両も、スピードの速いGT500車両に道を譲りながらも後ろから攻めてくる同じGT300車両を前に行かせない駆け引きが繰り広げられる。そして時には、異なるクラスのクルマが絡んでスピンやクラッシュが起こり、大事な局面で大ドンデン返しになることも多い。

面白いのは、市販車としては「エコカー」で通っているプリウスが、GT300クラスでは、ランボルギーニ・ウラカンやアウディR8、メルセデスAMG-GTという世界のスーパーカーを追い回すシーン。まさに痛快だ。

ハイブリッドの代名詞である「プリウス」。エコカーながらGT300で、並み居る世界のスーパーカーと激しいバトルを繰り広げ、上位を脅かす存在だ!

ハイブリッドの代名詞である「プリウス」。エコカーながらGT300で、並み居る世界のスーパーカーと激しいバトルを繰り広げ、上位を脅かす存在だ!

ちなみにGT300クラスでは、先に記した輸入車がFIA-GTと呼ばれ、欧州を中心に人気を博しているFIAのGT3マシンが中心になっている。これらのGT3マシンはお金を出せば誰もが買えてレースに出られるものだ。

国産モデルはどうか。日産GT-RとレクサスRC FがFIAのGT3マシンだが、トヨタ・プリウス、スバルBRZ、そしてトヨタ86はJAF-GTと呼ばれる日本独自の規格だ。このJAFGTのなかには、イギリスのロータス・エヴォーラも含まれている。これはGT300マザーシャシーという、運営側が決めた共通部品を使って参加できるマシン。JAF-GTと同じボディ寸法ながら決められたエンジンなどを搭載する日本独自規格のマシンなのである。

ちなみにトヨタ86も、このマザーシャシーを使っているので、市販車ではスバルBRZとトヨタ86は同じメカを使う兄弟車だが、GT300クラスでは、ロータス・エヴォーラとトヨタ86が同じメカを使う兄弟車なのだ。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017
  • No.45 Nov 6th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48