週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 他球団スコアラーが分析する投手・大谷翔平の攻略法とは?

ニュース

他球団スコアラーが分析する投手・大谷翔平の攻略法とは?

[2016年10月12日]

「二刀流論争」に圧倒的な結果を残すことで完全にケリをつけた今年の大谷

プロ入り当初は疑問の声も多かった「二刀流論争」に圧倒的な結果を残すことで完全にケリをつけた今年の大谷翔平(北海道日ハム)。

プロ4年目にして投打とも完全にチームの中心となった希代の怪物は、CSや日本シリーズを勝ち抜いて“マンガを超えたヒーロー”になれるだろうか?

「結論から言えば、大谷が活躍すれば日本ハムはCS突破、あるいは日本一。逆に、活躍できなければ苦戦。そうなるでしょう、やっぱり」

現役時代にロッテの捕手として2度の日本一を経験した野球評論家の里崎智也氏は、迷わずそう言い切る。

今年、特筆すべきなのは、先発しながら打線にも入った「二刀流試合」に7戦全勝したこと。当初「早くどちらかを選べ」といわれた投打の二刀流も、もうケチをつける者はいない。成績的にも、内容的にも、今年の大谷翔平は投げては最速164キロを誇るエース、打っては主に3番を任される主砲として、チームを入団以来初の優勝に導いたのだ。

日本で一番野球がうまいヤツらが集うプロの世界で、エースで主砲で日本一。マンガでも恥ずかしくて描けないようなヒーローの誕生劇は実現するのだろうか?

まずは投手・大谷について。CS、そして(まだ気が早いが)日本シリーズでの課題を、かつて横浜(現DeNA)のエースとして活躍した野村弘樹氏はこう分析する。

「大谷の数少ない課題は立ち高く、手足の長い投手にありがちですが、その日ごとの微妙なフォームのバランスをつかめるのは2回か3回になってから、ということが多い。相手とすれば、そこまでがチャンスといえます」


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018