週プレNEWS TOP 連載コラム 神保町☆女子大生Cafe 残業なんてしたくない? 電通“過重労働問題”で明日は我が身の女性たちが思うこと

連載コラム

残業なんてしたくない? 電通“過重労働問題”で明日は我が身の女性たちが思うこと

[2016年11月01日]

「実際、働いてみないと会社のことはわからないし…」という日和ちゃんも残業するより楽しく働きたいのが理想

神保町☆女子大生Cafe」第15回。現役女子大生(JD)たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます!

先月7日、大手広告代理店・電通の入社1年目の女性(当時24歳)が自殺した件について、三田労働基準監督署(東京)が“過労死”認定していたことが判明しました。

彼女は東京大学を卒業後、昨年4月に電通に入社。同年10月頃から残業が増え続け、1ヵ月の時間外労働は100時間超にものぼったといいます。また、休日や深夜の勤務も連続し、2時間睡眠が続くことを訴えたうえで、SNSで「死にたい」などのメッセージも投稿していました。

そう遠くないうちに就職を迎え、企業で働く予定のJDたちにとってとても気がかりな今回の事件。テーマは、「電通“過重労働問題”で新卒女子自殺に思うこと」。事件の考察とともに、理想の働き方も語ってくれました!

「電通では、今回の事件以前にも、他の新人社員が自殺をした事件もあって、明らかに会社側の労働者に対する配慮が欠けていたと思います。女性だからとか新人だからとかではなく、人として、生活を営むのに支障がないレベルで会社は労働者を働かせるべき。万が一、それを越える程度の仕事をこなしているとしたら、残業手当や労働時間に見合う給料をきちんと支払うべきです。

もちろん電通だけではなく、ブラック企業と呼ばれる会社は多数あると思うし、今回の事件をきっかけにあらゆる会社での労働状況を改めて考え直す必要があります。これくらいできて当然だ、ではなく、できない時には上司も一緒に助け合って仕事を行なう、それが理想の働き方なのではないかと思います」(莉子ちゃん・明治大学2年・20歳)

「この件を聞いた時、やるせない気持ちになりました。数年後に社会人になって会社でこのような辛い思いにあったとして、会社の人が力になってくれずにさらに圧迫されたら、私も鬱(うつ)になってしまうと思う。また、努力して頑張って入った大企業で今回のような残業生活になったら、どうしていいか希望が見えません。働いていて、生きてる実感がするような社会人生活を送りたいです」(絵理奈ちゃん・東京理科大学1年・19歳)

「このような事件が起きてしまって、残念でした。広告代理店を志望している人たちにとってはとんでもない影響があると思います。電通に入ったらエリートというイメージはあるけど、私はそこまでしてエリートコースを歩きたいとは思いません。イチから体制を見直して、電通にはまたみんなが憧れるような企業に戻ってほしいです」(美咲ちゃん・白百合女子大学3年・21歳)

「“女性だから”とか“男性だから”という線引きが少なくなってきた世の中ですが、体力的にも厳しいところがあるので女性に対して少しは配慮が必要だと思います。私はワークライフバランスをきちんと保てる会社に勤めたいです」(香純ちゃん・中央大学1年・19歳)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.45 Nov 6th 2017
    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.45

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017