週プレNEWS TOP ニュース IT・テクノロジー 川上量生が振り返るニコニコ動画の10年「“オワコン”なんて何度も言われてます」

ニュース

川上量生が振り返るニコニコ動画の10年「“オワコン”なんて何度も言われてます」

[2016年11月07日]

「ニコニコ動画」スタートから10年をふり返る川上会長

2006年12月12日に『ニコニコ動画(仮)』がスタートしてから間もなく10年! 

数々のアイドルやクリエイターなどを生み出し、視聴者をPCの前に釘づけにしたオバケコンテンツの誕生秘話と当時の熱気をインタビューでプレイバック!

第1弾は、ニコ動をスタートさせた“ニコニコ動画の父”川上量生(のぶお)氏が10年間をふり返る!

■プレミアム制度はただのクレーム対策

―開始当初はニコ動が10年間も続くと思いましたか?

川上 当時、みんなから「ニコ動ってサービスはめちゃくちゃオモシロいけど、絶対半年後にはなくなるよね」って言われてたから(笑)、なんとか5年は続けようっていうのが僕の目標でしたね。

―それはなぜ?

川上 そりゃいろいろ問題があったから。もともとニコ動は、YouTubeに投稿されたものを引用してコメント付き動画を再生する寄生サイトみたいな形だった。でもYouTubeのアクセスのほとんどがニコ動からになっちゃったから向こうからアクセスを切断されたりして。

―その結果、サービスを一時中断せざるをえなくなりましたが、1ヵ月後にはアカウント制にして再開。会員になるまで何ヵ月も待たなくてはいけない状況でした!

川上 アクセスするユーザーが多すぎて、アカウントを発行しても2ヵ月、3ヵ月待ち…ってどんどん増えていって、最終的には半年待ちくらいになったのかな。

―そこで「このサービスはいける!」という手応えが?

川上 手応えというか、YouTubeからアクセスを切断されてからつくった自前のサーバーだと、推定ユーザーの10分の1しかさばけない。だから、会員制にして毎週サーバーを増設してさばき切れる分だけ新規会員を受け入れるってことを繰り返してたけど、新規登録が半年待ちになったときはもうどうしよう、やけくそって感じで(笑)。

―サーバーをいくら増やしても追いつかない状況?

川上 それでプレミアム会員制度をつくりました。実はこれは儲けるためじゃなくて、ただのユーザーのクレームよけ。既存ユーザーは「新規を入れると動画が重くなる」と言ってきて、登録待ちのユーザーは「早く入れろ!」って言ってくる。

でもプレミアム会員をつくれば、「動画が重い!」とか「早く登録させろ!」なんて言ってるユーザーがいたら、「金払ってプレミアム登録しろ貧乏人!」ってユーザー同士で争ってくれるかなと(笑)。そしたらみんな入ってくれて、黒字化できるかも、って算段になったんですよ。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jul 2nd 2O18 no.27
  • Jun 25th 2O18 no.26
  • Jun 18th 2O18 no.25
  • Jun 11th 2O18 no.24

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.27