週プレNEWS TOP ニュース 社会 ピーター・バラカンが解説 「日本人にはわかりにくい、ボブ・ディランの本当にスゴイところ」

ニュース

ピーター・バラカンが解説 「日本人にはわかりにくい、ボブ・ディランの本当にスゴイところ」

[2016年11月08日]

オススメ

優れた作詞家はたくさんいるが、ディランには唯一無二のスゴさがあると語るピーター・バラカン氏

ダイナマイトを発明した人の賞なんてディランが受け取るわけがない――という一部のファンの“期待”を裏切り、ボブ・ディランは約2週間にわたる沈黙を破って、ノーベル文学賞受賞の喜びを表明した。

「アメリカの偉大な歌の伝統の中で新たな詩的表現を生み出した」というのが受賞理由だが、英語を話せない日本人にはイマイチわかりにくい。

そこで、『ロックの英詞を読む』などの著書を持ち、テレビやラジオで活躍するブロードキャスター、ピーター・バラカン氏に、ディランの「本当のスゴさ」を解説していただいた――。

***

―受賞辞退も“期待”された今回の騒動を、バラカンさんはどう見ていましたか?

バラカン 2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹さんが先日、日本は自国の人のノーベル賞受賞について「騒ぎすぎ」と言っていました。オリンピックのメダルもそうですが、日本人は海外の権威に弱い部分がありますよね。

ディランがノーベル文学賞を受賞するのでは?という噂は2、3年前からありましたが、ノーベル賞は選考過程に透明性がありません。誰がどういう基準で選んでいるのかわからないので、個人的にはあまり興味がないんですよ。

しかし、ディランがソングライティングに革命を起こしたことは間違いない。僕が興味を持ったのは、ソングライティングが「文学」として認められたということです。これまで彼の詞が文学であると捉(とら)えていた人はあまりいないと思う。何が文学で、何がそうでないのか、定義することに果たして意義があるのかどうか、わからないけど(笑)。

―ディランはなぜ、約2週間も沈黙していたのだと思いますか?

バラカン おそらく対応に困っていたんじゃないでしょうか。誰だって権威ある賞に選ばれれば悪い気はしないはずだけど、ディランは騒がれるのが嫌いな人ですから。1960年代には、家の中にファンが侵入したり、ゴミ箱を漁(あさ)られたり、散々な目に遭ってきましたからね。基本的にディランという人は全然、社交的じゃないですし。

ディランは「タイト・コネクション」(85年)という曲のミュージックビデオを東京で撮影したことがあるんです。ポール・シュレイダーが監督して、倍賞美津子とかも出ている妙なビデオなんですけど。その時、僕は撮影現場を覗(のぞ)かせてもらったんですが、ディランはこっちの存在をまったく認めていないというか、完全無視で(笑)。ああ、この人は本当に極めて非社交的な人なんだなって思いました。

ライブでもひと言も話さないですからね。最後に客席を凝視するだけで会釈もしないで帰っていくことが多い。「サンキュー」とか言ったら、もうお客さんは大騒ぎですよ(笑)。

―そんな人だから、受賞後の騒動がイヤで黙っていたんでしょうか?

バラカン あくまで推測ですが、そうだと思います。60年代に、同世代の代弁者として祭り上げられたのが彼にとっては苦痛だったわけで、放っておいてほしいというのが本音だったんじゃないかな…たぶん。

―「ディランはダイナマイトを発明した人の賞なんか受け取らない」と言っていた人もいましたが。

バラカン 僕はディランを代弁することはできないけど、それは関係ないんじゃないかな。近年、彼は政治的な発言はしていないし、自分を説明することもない。新作を発表する時、歌詞カードを付けないんですよ。日本国内盤ではレコード会社が歌詞を手に入れて対訳を付けるんだけど。英語の歌詞は後から自身のホームページに載せますが、新曲を出したら、まずは音として捉えて聞いてほしいと、彼は明らかに思っている。

だから、ディラン本人も自分の歌詞が文学だとは思っていなかったでしょう。かつて「自分を詩人だと思っているか?」と問われて、「自分はソング&ダンスマンだ」と答えたこともありました。大衆芸能の伝統の上に自分は立っているという意識なんだと思います。


週プレ酒場 今日もやってます!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.28 Jul 10th 2017
    • No.27 Jul 3rd 2017
    • No.26 Jun 26th 2017
    • No.25 Jun 19th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
    • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
    • 『週プレ クルマ増刊』
    • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
    • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

     

    プレイボーイコミックス

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.28