週プレNEWS TOP 連載コラム 神保町☆女子大生Cafe もし彼氏や友達がやっていたら…JDたちも切実に考える“大麻問題”

連載コラム

もし彼氏や友達がやっていたら…JDたちも切実に考える“大麻問題”

[2016年11月08日]

リスクを考えると反対だという彩加ちゃん

神保町☆女子大生Cafe」第16回。現役女子大生(JD)たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます!

先月25日、元女優の高樹沙耶容疑者(53)が大麻取締法違反容疑(所持)で逮捕されました。自宅から押収された乾燥大麻は計約55グラムと100回分の使用量に当たり、吸引用とみられるパイプは10本以上。全てに使用の痕跡があったといいます。

いまだ世間を騒がせているこの逮捕劇ですが、今年に入ってからも有名人がらみ含めてドラッグ問題は続出中。そこで、現役JDたちにとって“大麻”とはどんな存在なのか。今回のテーマはズバリ、「大麻ってどう思う?」。

医療用大麻の賛否や、「もし周りがやっていたら…」と想像して答えてもらいました。それでは、JDたちの生の声をピックアップしてご紹介します?!

「全ての薬は量によっては危険となりうる、と聞いたことがあります。医療用大麻もそのひとつかもしれません。どれだけの効果があるのかもわからないし、それを使って楽になっている患者がいたとしても、効用に対するリスクが高すぎるので反対。後ろめたさがあるので、もし医療用であっても私は使えません」(彩加ちゃん・明治大学2年・20歳)

「大麻を持ったり、使ったりするのは何があってもいけないことだと思います。もし彼氏や友達がやっていたらもちろん止めたいけど、なかなかうまく止めれないのかも。実際、私の周りにも昔やってたという先輩がいます。話を聞く限り、やっぱりいい話ではなかったし、その先輩自身も『絶対やめたほうがいい』と言っていました」(鏡花ちゃん・中央大学2年)

「医療で楽にするために使う分ならまだしも、自ら使用するのはただの逃げ道。合法のタバコじゃダメだったのかな? 大麻や覚せい剤など、薬物に逃げる人が人間として一番愚かです。友達がやっていたら、もう関わりを持たないようにします。もし親友が大麻をやっていたとしても、縁を切ります。周りに経験者はいませんが、今後もそういう人とは関わりを持ちたくありません」(里加ちゃん・大妻女子大学1年・19歳)

「世界的に見れば、高樹容疑者の言うように医療に使われていたり合法な国もあるみたいだけど、ハマってやめられなくなったり、脳への症状が出てくることはすごく怖いことです。医療用に使うとはいえ、大麻であることは変わりないし、それを合法化して使っていいとなるなら何やってもアリなんじゃないかな?と思います。もし自分の彼氏が使っていたら本当に幻滅するし、どんな理由があれすぐに縁を切ります!」(美咲ちゃん・大妻女子大学3年・21歳)

「ニュースでは悪い部分しか取り上げていないのかもしれないけど、人間にとって危険を及ぼす可能性がある時点でやってはいけないと思います。一般人でも簡単に入手できる環境は絶対になくすべきだし、そんな環境作りを制度として改革してほしい(厳罰にするとか)」(里見ちゃん・青山学院大学1年・19歳)


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!