週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 声優デビュー50周年の古谷徹が若さの秘訣を語る「『きまぐれオレンジロード』の春日恭介役が一番好きで…」

ニュース

声優デビュー50周年の古谷徹が若さの秘訣を語る「『きまぐれオレンジロード』の春日恭介役が一番好きで…」

[2016年11月13日]

今年で声優デビュー50周年を迎えた古谷徹さん

『巨人の星』の星飛雄馬、『機動戦士ガンダム』アムロ・レイ、『ドラゴンボール』のヤムチャ、『聖闘士星矢』のペガサス星矢等々…。

数々の代表作で誰もが知るキャラクターを演じ、その声を聞いてピンとこない者はいないであろう声優・古谷徹さん。

そんな、声優界のレジェンドである古谷さんがデビュー50周年を迎えた今年、奇しくも『週刊プレイボーイ』も創刊50週年を迎えた。

そこで、運命を感じずにはいられない、その歳月の歩みを共に振り返るべくインタビューを敢行!

昨日配信した前編(「『巨人の星』で味わった達成感には勝てませんでした」)に続き、中編となる今回は「池田秀一さんとの関係」や「今の声優業界について」などを語ってもらった。

―シャアのお話が出ましたが、声優の池田秀一さんとのご関係というのは昔から変わらないのでしょうか。

古谷 昔は全然違いました。池田さんは子役でいえば僕より大先輩。ただ、アニメでいうと僕が先輩で、まだガンダムの時に池田さんは2作品目でした。しかも最初は『ダイターン3』のゲストキャラクターしかやってなかった。僕はいろいろな作品の主人公をやってきて、自分のほうがアニメに関しては先輩だったわけですね。

だから、お互いライバル関係の役だったということもありますけど、池田さんとはあまり“なあなあ”にならないように思っていました。それに池田さんは当時からお酒が大好きでしたけど、僕はお酒を飲まなかったので、なかなか接点というのはなくて作品を通じての関係でしたね。

その後、僕も40歳くらいからお酒が飲めるようになって。今から16年前になりますけど、DVD発売に合わせて劇場版三部作特別版としてセリフを収録し直したんです。確かガンダム20周年くらいの時ですかね。それでまたイベントとかゲームとか一緒にお仕事するようになった。お酒が飲めるようになったので、飲み友達というか。今ではもうご一緒するお仕事があると「まず飲むだろうな」という前提でお付き合いさせてもらっています(笑)。

―ガンダム放送当時の話題などは出ますか?

古谷 ごくたまにですね。今はむしろ『名探偵コナン』という作品で、安室透(CV:古谷)と赤井秀一(CV:池田秀一)という役をお互いにやっていまして。まあFBIと公安警察でライバル関係にあるんですけど、そっちの話のほうが多いです。今年の劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』でふたりとも見せ場がたくさんあって、おかげさまで大人気なんです。


キン肉マン超人総選挙2017告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.27 Jul 3rd 2017
  • No.26 Jun 26th 2017
  • No.25 Jun 19th 2017
  • No.24 Jun 12th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.27