週プレNEWS TOP ニュース 社会 “ISメンバー”容疑で拘束された常岡氏を直撃!「やっぱりISなんですよね?」

ニュース

“ISメンバー”容疑で拘束された常岡氏を直撃!「やっぱりISなんですよね?」

[2016年11月18日]

「クルド自治政府はきちんとした組織なので、拘束中も身の危険はまったく感じなかった」と語った常岡氏 ※写真と本文は関係ありません

イラク北部を取材中、IS(イスラム国)のロゴ入りキーホルダーを持っていたためクルド自治政府に拘束されていたフリージャーナリストの常岡浩介氏。12日ぶりに解放され、帰国したところを直撃した。

―拘束中はどんなものを食べていたんですか?

常岡 ご飯も出ましたけど、チキンが多かったですね。あとはトマト丸ごととか、タマネギ丸ごととかも出ました。僕はトマトは食べましたけど、生のタマネギはちょっと食べれませんでした。味つけはシンプルな塩味。部屋は3畳くらいの独房で、拘束されたなかではましなほうです。

―尋問はどうでした?

常岡 初日の1時間だけは厳しかったですが、その後は和やかな雰囲気でした。2日目に「これからあなたのスマホを分析して問題がなければ釈放だ」と言われました。でも、その後、身柄が引き渡されるまでに10日もかかっているし、実はまだISメンバーの容疑は晴れていないんです。

でも、クルド側は「捜査は終了していないけれども日本側に引き渡す」と。だから、ほかの国に行けないようにパスポートを一時返納して日本に帰ってきました。本来ならば手錠をかけられたまま日本に送られて、警察に渡すのが普通らしいんですけど。

―ということは、常岡さんはやっぱりISのメンバーなんですか?

常岡 いや、僕はISのメンバーでも支持者でもありません。ISにもカリフ制にも反対で、ISの支持者の知り合いからツイッターはブロックされているし、フェイスブックはお友達リストから外されています。

―今後どうするんですか?

常岡 クルド自治政府がクロだと判断したら、イラクには入国できなくなるでしょうし、その情報は世界中で共有されることになるので、取材ではかなり困ると思います。ですからシロと認めてもらうことを切に願っています。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Jun 4th 2O18 no.23
  • May 28th 2O18 no.22
  • May 21st 2O18 no.21
  • May 14th 2O18  no.19・2O

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】大原優乃、今年もグラビア界を席巻中!!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 浅田真央『また、この場所で』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊GW2018』
  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.23

メルマガ会員&アンケート グラビアスペシャル増刊GW2018