週プレNEWS TOP ニュース エンタメ 『美おっぱいコンテスト』で大反響のフリーター・中岡龍子が語る舞台裏 「一番評価をいただいたのは“バージスライン”です」

ニュース

『美おっぱいコンテスト』で大反響のフリーター・中岡龍子が語る舞台裏 「一番評価をいただいたのは“バージスライン”です」

[2016年11月22日]

人気

「美おっぱいコンテスト」グランプリの中岡龍子

先月18日、第1回目となる「美おっぱいコンテスト」が開催され、花で作られたレイでバストトップを隠した最終候補者たちが登壇し、大きな話題を呼んだ。

グランプリに輝いたのは、女優志望のフリーター・中岡龍子。95cm・Fカップというサイズに美しさも兼ね備えたバストは、審査員として参加したマギーも「思わず触りたくなる」と絶賛したほど。

そんな奇跡の逸材を週プレが放っておくわけにはいかない。というわけで、早速、本人を直撃してみた。

―この度はグランプリおめでとうございます。早速ですが、なぜ出場しようと?

中岡 ありがとうございます! 元々、自分でケアしてきたし、周りからもキレイだねって言われてたので出てみようかなと思いました。自信はあったんですけど、ただ、どんな人が参加するのかわからないので、ちょっと不安でした。

―最初から自信はあったんですね。女性同士だと温泉やプールでも見られるから、そう褒(ほ)められるんでしょうか。

中岡 結構、ピチっとしたラインが出る服を割と着てるので、服着た状態でですかね。さすがに今日の衣装のような露出狂みたいな恰好じゃないです(笑)。温泉とか周りがたくさんいるのはあまり好きじゃなくて、人と一緒に行かないんです。

―バストにコンプレックス持っている女性も多いと聞きますが、それもなかったんですか?

中岡 中学生くらいから大きくなってきて、隠してた時期もありました。海外の方って割と出してても、ファッションとして認められてるじゃないですか、それって文化だと思うんですけど。それに憧れていてコンプレックスに思いながらも、最初は垂れないようにとケアし始めたんです。

―審査では、どんなことをされていたんですか?

中岡 最初は下着か手ブラだけ写った写真審査で、次が女性審査員の前で上半身だけ脱いで、1周回って全部のトータルバランスを見ていただいて…。

中岡龍子01


週プレ グラジャパ!
週プレモバイル

『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 『AKB48 水着サプライズ2017』

 

プレイボーイコミックス

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!

メルマガ会員&アンケート 2017年No.48