週プレNEWS TOP ニュース エンタメ ピーター・バラカンが推薦「ドナルド・トランプに聞かせたい“良心の”ロック名曲」

ニュース

ピーター・バラカンが推薦「ドナルド・トランプに聞かせたい“良心の”ロック名曲」

[2016年12月17日]

オススメ

ボブ・マーリー、ノーラ・ジョーンズ…「トランプに聞かせたい」5曲をバラカン氏がレコメンド!

日本ではフジロックにSEALDsが出るというだけで、一部の人々から「音楽に政治を持ち込むな」というクレームが入ったりするが、アメリカでは政治と音楽の距離は近い。

人種差別的な政策を掲げるドナルド・トランプの次期大統領就任が決まった今、それでも音楽には世界を変える力があるのか?

そこで、『ロックの英詞を読む―世界を変える歌』などの著書を持つ、ブロードキャスターのピーター・バラカン氏に「トランプに聞かせたい“良心の”ロック名曲」をレコメンドしていただいた――。

***

今回は、週プレNEWS編集部から「トランプに聞かせたいロック名曲」というテーマで語ってほしいという依頼を受けました。トランプには何を聞かせてもムダだとは思いますが(笑)、ストレートな反戦歌や社会を辛らつに風刺した歌など、いくつか紹介していきます。

本題に入る前に、アメリカにおける政治とロックの関わりの歴史について、少し振り返ってみましょう。

古くは、1968年のニクソン(共和党)対ハンフリー(民主党)の時、シカゴで行なわれた民主党全国大会で、ベトナム戦争に反対するデモが過熱し暴動になりました。これを扇動したとして「シカゴ7」と呼ばれた活動家たちが逮捕されたのですが、デイヴィッド・クロズビー、グレアム・ナッシュら何人かのミュージシャンが彼らを支援したことがありました。そして72年のニクソン再選の時には、ジョン・レノンが反ニクソンで積極的な活動をした。

84年に再選を目指したレーガンが、ブルース・スプリングスティーンの「ボーン・イン・ザ・USA」を間違った解釈で使ったことは有名ですね。ベトナム帰還兵の苦悩を題材にした曲ですが、愛国歌と捉(とら)えられて選挙キャンペーンに利用されました。

そして今回の大統領選挙では、ザ・ローリング・ストーンズがトランプの選挙キャンペーンにおける楽曲使用を拒否するという騒動があった一方、クリントンのキャンペーン終盤には、ビヨンセ、ケイティ・ペリー、ジェニファー・ロペスら錚々(そうそう)たるミュージシャンが登場しました。このように、ミュージシャンは民主党寄りの人が多いですね。

では、本題に移りましょう――。


コミックス告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

人気記事ランキング

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】こんな浅川見たことない! 浅川梨奈の最高傑作!

もっと見る

Back Number

  • No.15 Apr 10th 2017
  • No.14 Apr 3rd 2017
  • No.13 Mar 27th 2017
  • No.12 Mar 20th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 週プレ グラビアスペシャル増刊NEW YEAR2017
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』
  • 内田理央写真集『だーりおといっしゅうかん。』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.15