週プレNEWS TOP ニュース レジャー 豪華寝台特急「北斗星」が都心ビル内に復活! ホステル仕様のこだわりは?

ニュース

豪華寝台特急「北斗星」が都心ビル内に復活! ホステル仕様のこだわりは?

[2016年12月18日]

収納式はしごも「北斗星」。2階~4階は2段ベッドを使用した男女混合のドミトリー(相部屋)で、5階は女性専用。足元に大きな荷物を入れるスペースもある。無料のWi-Fiやコインロッカーも利用できる

豪華寝台特急として多くの人に愛されながらも、昨年8月に運行廃止となった「北斗星」

北斗星は1988年の運行開始から27年間、上野~札幌間で旅行者の夢を乗せて走ってきたが、12月15日からは同列車の“夢見る空間”が都心のビルの中でホステル(簡易宿所)として復活することになった。

「北斗星車内の照明や椅子、内装などの実車パーツを再利用して雰囲気を再現しながら、快適性を重視した施設にリノベーションしています。はしごや寝台も実物ですが、寝台の上にはマットレスを敷くなど寝心地にもこだわりました。

また、雰囲気を壊さずに10cmほどベッド幅を広げた寝台もご用意しています」(トレインホステル北斗星・満留[みつとめ]さん)

もちろん「北斗星」そのままの雰囲気を楽しみたい場合は、シーツのみでの利用もOKだ。

「おかげさまでオープン前から順調に予約が入っています。現在は鉄道ファンの日本人の方が多いのですが、今後は海外からのお客さまにもご予約いただきたいですね」(前出・満留さん)

揺れない「北斗星」でぐっすり夢を見て、翌朝、爽やかな気分で旅に出てみては?

というわけで、その内観は写真画像で詳しく紹介!

さまざまなタイプの寝台が。北斗星の「A寝台ツインデラックス」を使ったドミトリーも用意。こちらは椅子を倒すとベッドになる。照明や読書灯も実際に北斗星で使われていたもの。AC電源は2口用意

さまざまなタイプの寝台が。北斗星の「A寝台ツインデラックス」を使ったドミトリーも用意。こちらは椅子を倒すとベッドになる。照明や読書灯も実際に北斗星で使われていたもの。AC電源は2口用意


週プレ酒場のCMはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.52 Dec 25th 2017
  • No.51 Dec 18th 2017
  • No.50 Dec 11th 2017
  • No.49 Dec 4th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】華村あすか、2017年最高のシンデレラ。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2017』
  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.52

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!