週プレNEWS TOP ニュース スポーツ ミルコ・クロコップが語る現在の心境「『PRIDE』のDNAを引き継ぐ『RIZIN』のベルトは私がもらう」

ニュース

ミルコ・クロコップが語る現在の心境「『PRIDE』のDNAを引き継ぐ『RIZIN』のベルトは私がもらう」

[2016年12月27日]

RIZINに向けて、意気込みを語ったミルコ・クロコップ

12月29日&31日に、さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN』において無差別級グランプリのトーナメントが行なわれる。

この最大の目玉とされた、ミルコ・クロコップ×ヴァンダレイ・シウバの一戦は、シウバの欠場により流れてしまったが、19日、注目のミルコの対戦相手が前年のRIZINヘビー級グランプリ王者のキング・モーと発表された。モーは前ベラトール王者という実績もあり、ミルコにとってはシウバ以上の難敵となることは間違いがない。

実は『週プレ』は11月の段階で、母国クロアチアのザグレブにいるミルコに接触。グランプリ制覇に向ける意気込みを聞くことに成功していたが、対戦相手が正式決定したところで追加取材を敢行。試合当日まであと僅かとなったこのタイミングでようやくミルコの最新状況を含めた心情を公開するに至った。

* * *

―まず、去る9月25日に行われたRIZIN 無差別級トーナメント開幕戦。ミョン・ヒョンマン対手に『RIZIN』のリングで勝利した時、どんな気分でしたか?

ミルコ 素晴らしい気分だったね。さいたまスーパーアリーナで再び闘うことができてとてもハッピーだ。あの会場で試合をすることは私にとって特別なことだから。

―特別とは?

ミルコ 私はさいたまスーパーアリーナを「ホーム」のように感じているんだ。匂いから何から「ホーム」と感じたね。とにかく、あの日の試合は私にとって特別な夜だった。

―勝利した後、リング上でヴァンダレイ・シウバと向き合いましたけど、その時に感じたことを教えてください。

ミルコ ヴァンダレイのことに関してはもうあまり話す必要がない。ただ、私は『PRIDE』の全盛期に最大のライバルであった彼とこのグランプリで戦うことが、自分を育ててくれた日本の格闘技界の再興につながると思っていた。ヴァンダレイともそのことは暗黙の内に通じ合っているものと信じていた。9月の段階でも、彼はあれだけ熱い思いを記者会見でもぶち上げていたのにね…。

―シウバ自身、意気揚々と開幕戦でのしょっぱい試合を糾弾し、「ヤル気のないヤツは自宅で寝ていろ」とまで口にしていたくらいでしたね。

ミルコ そんな彼がいきなり出ないと聞かされて本当に裏切られた思いでいっぱいだった。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • 馬場ふみか2018カレンダーブック
    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017