週プレNEWS TOP ニュース 社会 衝撃の幼児虐待死事件を追った『鬼畜の家』著者が語る、“芯のない人間”を生み出す家庭環境とは

ニュース

衝撃の幼児虐待死事件を追った『鬼畜の家』著者が語る、“芯のない人間”を生み出す家庭環境とは

[2016年12月28日]

NEW

常に「人間」を描き続けてきた石井光太さんは、3つの虐待死事件の取材を通して何を感じたのか?

極限状態に置かれた人間が垣間見せる、むき出しの人間らしさ――作家・石井光太が一貫して持ち続けているコンセプトである。

それは、わが子を虐待し、ネグレクトし、死に到らせ、社会から「鬼畜」と呼ばれることになった人間を描いても同じだ。

今年、最も衝撃的だったノンフィクション『「鬼畜の家」 わが子を殺す親たち』で、石井さんは次の3つの事件を追っている。

「厚木市幼児餓死白骨化事件」
2014年5月、神奈川県厚木市のアパートから幼児の白骨遺体が見つかった。遺体は齋藤幸裕の長男のものだった。04年に妻が家出をして以来、幸裕は電気、ガス、水道が止められたゴミまみれの部屋で長男を育てていたが、やがて外に恋人を作りアパートに帰らなくなった。放置された長男は07年冬、オムツと一枚のTシャツだけを身につけて絶命。幸裕は事件の発覚を恐れ、その後7年間も家賃を払い続けていた。

「下田市嬰児連続殺害事件」
2014年10月、静岡県下田市の民家で、ふたりの嬰児(えいじ)の遺体が発見された。母親の高野愛(いつみ)は、高校2年生の時から10年あまりで8人もの子供を妊娠する奔放な性生活を送っていた。愛は自らが殺(あや)めた嬰児を天井裏と押入れに隠していた。殺害の動機は「中絶費用を用意できなかった」ことだった。

「足立区ウサギ用ケージ監禁虐待死事件」
皆川忍と妻の朋美は次男に虐待を繰り返し、ウサギ用ケージに監禁した挙句、2013年3月に死亡させた。遺体を遺棄した後も、マネキンを使用するなどして次男が生きているように見せかけ、児童手当や生活保護費を不正受給。遺体はまだ見つかっていない。

これらの事件の取材を通して、著者は何を感じたのか――。

***

―本作は、物心もつかないような子供が犠牲になった事件のルポルタージュです。取材していて辛(つら)くなったりはしなかったんですか?

石井 正直、犠牲になった子供のことを考えて眠れなくなったことも多々ありました。目を背けたい事実もあった。しかし一方で、マスメディアが報じる「中絶費用がないから殺した」とか「ウサギ用ケージに閉じ込めた」とか、僕には全然理解できなかったんです。しかし、理解できないことにこそ何かがあり、それがノンフィクションを書く動機になる。そこに何があるのか、調べてみようと思ったのが出発点でした。

もうひとつのきっかけとしては、『浮浪児1945―戦争が生んだ子供たち』という本を書いた時、74年間、児童養護施設で働いていたおばあさんから聞いた言葉がありました。彼女は、昔の浮浪児には人間としての「芯」があったけれど、今の子供にはないと言った。昔の浮浪児は空襲で親を失うまでは普通の家庭に育っていたから、極貧生活が何年続いても普通の大人になっていった。

しかし今、児童養護施設で暮らす子供のほとんどは虐待を受けていたので、環境がいくら恵まれていてもうまくいかない。それは生まれた瞬間から親に存在を否定されてきたことで「人間としての芯」がないためだというわけです。それを聞いた時に、どうやって芯のない人間が生まれていくのか知りたいと思ったんです。


キン肉マン超人総選挙2017告知

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.27 Jul 3rd 2017
  • No.26 Jun 26th 2017
  • No.25 Jun 19th 2017
  • No.24 Jun 12th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】浅田舞、進化した“美BODY”を魅せつける!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 週プレ グラビアスペシャル増刊 GW2017
  • 綾瀬はるか写真集『BREATH』
  • 『週プレ クルマ増刊』
  • 馬場ふみか写真集『ぜっぴん』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.27