週プレNEWS TOP ニュース 社会 衝撃の幼児虐待死事件を追った『鬼畜の家』著者が語る、“芯のない人間”を生み出す家庭環境とは

ニュース

衝撃の幼児虐待死事件を追った『鬼畜の家』著者が語る、“芯のない人間”を生み出す家庭環境とは

[2016年12月28日]

―本書で取り上げた3つの事件の親たちも、まさに「芯のない人間」と言えます。彼らにはどんな共通点がありますか?

石井 何か困難に直面した瞬間に思考停止してしまうことです。普通はそれを乗り越えるために考えるものですが、彼らは困難をそのまま受け入れてしまう。非常に受動的なんです。自分ではどうすることもできないのに周囲に助けも求めず、悪循環が続いて結果として子供を死なせてしまう…。この本のテーマとなっているのは、そんな芯のない人間を生み出した家庭環境です。

例えば、下田市嬰児連続殺害事件の高野愛は母親の支配下に置かれていた。母親は未婚のまま3人の子供を生みましたが、子供たちには威圧的で意思を尊重することはなく、特に長女の愛には厳しく当たっていた。そして愛自身も多くの子供を抱えるシングルマザーとなり、生活が困窮し母親の家に転がり込むと、母親は必要以上の生活費を愛からむしりとっていました。

このように、これらの事件を起こした者たちは親に何を言っても聞き入れてもらえなかったため、すべてを受け入れ、聞き流すことしかできない人間になっていったんです。親から愛されたことも信頼されたこともないから、他者の気持ちを考えることができない。親にカネをむしりとられたら、自分も親になったら子供からむしりとっていい、あるいは子供が言うことを聞かないからウサギ用のケージに閉じ込めたっていい…おそらく経験上、そういう考え方しかできなくなっていたのだと思います。

―そういう育てられ方をした彼らが自らの子供を虐待する。普通の親は、子供は泣くのが当たり前だと知っていますが、これらの事件の親たちは泣き止まない子供に激高し、虐待を繰り返す…。

石井 幼児を育てている母親の大半は精神的に追い詰められた経験を持っていると思います。ただ、僕はそれ自体はあり得ることだと思うんです。たとえ、子供に手を出してしまったとしても「ごめんね」と謝る。そして、叩いてしまったことを旦那さんに相談する。それを見た子供は、「ママは自分のことを考えてくれているんだ」と理解する。結果的に、叩いたことで生まれる家族の信頼関係もあるでしょう。

しかし、これらの事件の親たちはそうではなかった。理由もなく子供を殴り、「産まなければよかった」などと罵(ののし)り、「おまえなど死んでしまえ」と家から放り出す。こういう子供は親の気持ちを想像する余裕もなく、生きていくために思考を停止して暴力を受け入れるしかなくなる。何を言っても意味不明の理由で暴力を振るわれ続ければ、その場をしのぐためにそうするしかないんです。その結果、その子は他人の気持ちを考えられず、親と同じように感情に任せて暴力を振るう大人に成長するんです。

足立区の事件の皆川夫妻は、メディアでは「生活保護を受けるために子供をいっぱい産んだ」などと書かれていましたが、元々はそんな計算もしていなかったと思います。すでに5人も6人も子供がいて、一家の収入は派遣社員である夫のわずかな給料だけなのに、もうひとりつくったら家計がどうなるのか想像できなかった。他人への共感どころか、自分のことすら考えられないんです。

皆川朋美の母親もまた、粗暴な性格で若い頃からトラブルを起こす人でした。朋美もこの母親に大きな影響を受けたのでしょう。困難な生い立ちを経験しても普通に育っていく人はたくさんいますが、やはり根っこの部分が歪(ゆが)んでしまうと、まともな大人へと成長するのは難しいのだと思います。

―先ほど戦後の浮浪児との比較をしましたが、昨今の虐待事件は現代社会が抱えた病とは言えますか?

石井 いや、現代に限ったことではないでしょう。先述の高野愛のケースでは祖母の代からシングルマザーで悪循環は始まっていました。このように、上の世代から続いてきた負の連鎖の終着点がこれらの事件だったのだと思います。親が家庭を崩壊させて、その中で育った子供がこういう事件を起こす…家系の中で爆弾が引き継がれていて、その爆弾がどんどん大きくなっていったのです。

仮に、彼らが事件を起こさなかったとしても、次の代が起こすことになったかもしれない。いわば、時限爆弾を世代から世代へ回しているだけの話。どの世代で爆発するかは誰もわからないんです。だから、これは現代社会に特有の問題ではなく、総合的な家系の問題と考えるべきで、どこかで負の連鎖を断たなければいけないのだと思います。


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!