週プレNEWS TOP ニュース レジャー 上野発モスクワ行き、シベリア鉄道の日本直通化計画は実現するのか

ニュース

上野発モスクワ行き、シベリア鉄道の日本直通化計画は実現するのか

[2017年01月02日]

ツンドラ地帯をひたすら走り、車窓は似た景色が続く。

「だんだん日付の感覚がおかしくなってきます(笑)。ウラジオストクとモスクワは時差が7時間もありますし。ヒマなロシア人は毎日ウオッカを飲んでます。胃がやられないようにオレンジジュースと一緒に飲むんですよ」

景色が単調な理由は、シベリア鉄道の沿線に人が住んでないから。普通の人はロシア国内を飛行機で移動している。シベリア鉄道で1週間かけて移動する人は相当な物好きなのだ。

ということで、現在のシベリア鉄道が運んでいるのは、人ではなくほとんどが貨物。ロシアの物流で鉄道の占める割合は大きく、およそ45%。自動車は3%しかない(ちなみに日本は自動車が約60%で鉄道は5%以下)。シベリア鉄道の主な輸送品目は1位が石炭(約60%)で2位が木材(12%)。石炭の主な産地はロシアの中央部で、そこから港まで5万6000kmを貨物列車で運ぶのだ。それから船に積まれ、世界各国へ運ばれる。

ではなぜ突然、今回シベリア鉄道の日本直通化の話なんて出てきたのか? 日本とロシアの物流事情に詳しい、環日本海経済研究所の名誉研究員の辻久子氏によると、

「かつてはスターリン時代に、ソ連と樺太を鉄道でつなぐ構想があり、1950年代トンネルを掘ることを試みたという話もあります。ロシアの鉄道関係者にとって、今も樺太との直結は夢なんです。でも現実問題として、樺太までつないでも、人や貨物の量は限られる。そこで、その先の日本までつなげることで、石炭や石油の輸出先や、逆に日本からの物流を見込んでいるのでは?」

ちなみに現在、日本の石炭輸入先1位はオーストラリアで65%、2位がインドネシアで17%、3位がロシアで8%。石油においてもサウジアラビア、UAE、カタール続いて4位。ロシアは埋蔵量が多く、生産量は年々増加しており、輸出先として日本への期待は大きいのだ。

また、プーチン大統領の側近として知られるウラジーミル・ヤクーニンは、ロシア鉄道の前総裁。彼は昨年7月に東京で開かれた世界高速鉄道会議で、「サハリンを通じてロシア大陸と日本とを結ぶ、将来のプロジェクトについて安倍首相と話した」と語った。これはただの絵空事ではオワれなくなってきたぞ!


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

    連載コラムを見る

    Back Number

    • No.44 Oct 30th 2017
    • No.43 Oct 23rd 2017
    • No.42 Oct 16th 2017
    • No.41 Oct 9th 2017

     

    Gravure Gallery

    もっと見る

    MOVIE Channel

    【動画】小宮有紗の時代がやってきた!

    もっと見る

    新刊のお知らせ

    • プロ野球プレイボーイ2017
    • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
    • 週プレ グラビアスペシャル増刊 SUMMER2017
    • 『AKB48 水着サプライズ2017』
    • 『乃木坂46×週刊プレイボーイ2016』

     

    プレイボーイコミックス

    第一回 ミスグラジャパオーディションWeb投票 【予選】

    メルマガ会員&アンケート 2017年No.44

    週刊プレイボーイ増刊号「プロ野球プレイボーイ」2017