週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 箱根3連覇の青学大を倒すライバル校は現れる? 意外な新勢力図とは…

ニュース

箱根3連覇の青学大を倒すライバル校は現れる? 意外な新勢力図とは…

[2017年01月07日]

往路、復路ともに1位で3連覇を達成した青山学院大

第93回箱根駅伝は、3区でトップに立ってから一度も首位を譲らなかった青山学院大が総合力の高さを見せつけて優勝。大会前にケガ人が出て、体調不良者が続出しながらも3連覇を達成した。

青学大はエースの一色恭志を含め、今回走った4人の4年生が卒業するが、田村和希と下田裕太(ともに3年)の2本柱に加え、山下りのスペシャリストである小野田勇次(2年)を有し、今回1区4位の梶谷瑠哉(2年)や4区2位の森田歩希(2年)、5区8位の貞永隆佑(3年)他、1区に起用予定だった鈴木塁人(1年)もいる。

さらに4月からは5000mで2016年高校日本人ランキング2位の吉田圭太(世羅高)と10位の神林勇太(九州学院高)の加入が決まっており、選手層の厚さはさらに頭ひとつ抜け出ることになる。新シーズンも優位は動かないだろう。

そんな青学大だが、箱根4連覇達成に不安要素がないわけではない。それは今回体調不良で不安を見せた田村や、これまで2回の箱根で復路の8区しか走っていない下田が一色クラスのエースに成長できるかどうかだ。

5区の距離が短縮された今回、山登りでの大逆転劇がなかったように、各校の力が接近した中では、序盤の2区をキッチリ走れる絶対的なエースの存在が不可欠だ。また1区や3区、4区を準エースが走り、前半で主導権を握ることが総合優勝への重要な条件になってくる。

その点を考えると、エースの服部弾馬や主力の口町亮、桜岡駿が卒業する東洋大(今回2位)、武田凜太郎、平和真、鈴木洋平、井戸浩貴の主軸4人がごっそり抜ける早稲田大(3位)も戦力ダウンとなり、主力級の底上げが打倒・青学大への最大のテーマといえる。

また9位だった駒澤大もエースの中谷圭介と大塚祥平、西山雄介ら主力が抜け、飛び抜けた力を持つのは工藤有生(3年)だけになるため、こちらもエースの育成が大きな課題だ。

そんな中、青学大の4連覇を阻止できるエースがいる筆頭校は山梨学院大(今回17位)だろう。右くるぶし故障のため、今回は2区で区間8位と力を出せなかったドミニク・ニャイロ(2年)は、ハーフマラソンで日本歴代4位に相当する1時間00分50秒で走るなど、飛び抜けた力を持っている。今年は1万mで27分56秒47の自己記録をさらに更新する可能性が高い。さらに、上田健太と市谷龍太郎(ともに3年)も他校のエースクラスと遜色のない力を持つだけに往路で突っ走る可能性を持っている。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Mar. 5th 2018 no.10
  • Feb. 26th 2O18 no.9
  • Feb. 19th 2O18 no.8
  • Feb.12th 2O18 no.7

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】鈴木友菜、グラビア界に天使現る。

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2018年No.10