週プレNEWS TOP ニュース スポーツ 業界大激震…でトヨタ幹部を直撃! なぜ今また世界ラリー選手権に参戦を決めたのか?

ニュース

業界大激震…でトヨタ幹部を直撃! なぜ今また世界ラリー選手権に参戦を決めたのか?

[2017年01月17日]

参戦マシン「ヤリスWRC(日本名ヴィッツ)」 “文金高島田ウイング”と呼びたくなる巨大エアロパーツ。リアが今までと段違いに大きく見える。まさにド迫力。ダウンフォースの塊だ

業界大激震! トヨタが、ウワサされていたWRC(世界ラリー選手権)への18年ぶり復帰を昨年末に発表ーー。

今さらWRCに出てトヨタはなんのトクがあるのか? トヨタ幹部を取材してきた小沢コージがレポートする。

* * *

正直びっくり! 不肖小沢、まさかホントにトヨタがWRCに復帰するとはマジで思っていなかった。しかも、トヨタガズーレーシングが「ヤリスWRC」(日本名はヴィッツ)で、全13戦の2017シーズンへ参戦するというのだ。

衝撃のトヨタF1撤退から8年。業績は確かに盛り返し、社内のクルマ好き集団から始まったトヨタガズーレーシングも、当初はドイツのニュルブルクリンク24時間レースに体験的に出るのが関の山だったが、去年はル・マン24時間レースでポルシェと凌(しの)ぎを削り、悲願のトヨタハイブリッド優勝まであと一歩ってとこまでいった!

ある意味、再び世界のビッグレースに挑むタイミングではある。だが、トヨタの本音がわからない。

で、昨年12月、不肖小沢はWRC復帰の記者会見が行なわれたフィンランドに飛び、関係者を徹底取材。聞き込むといろいろわかってきた。トヨタの専務で、「エンジン開発の鬼」と呼ばれる嵯峨宏英(さがこうえい)氏の話から。

嵯峨「今やF1はイメージ先行で競争領域があまりないんだよね。開発の制約が非常に大きくて、そういう意味ではあまり価値を感じてない」

―WRCは違いますか?

嵯峨「(競争領域が)多い多い。エンジンもレギュレーションはあるけど、開発の余地もたくさんあって、ボディからサスからタイヤに至るまでやることがいっぱいある」

―F1とは違う?

嵯峨「逆にF1だったらこの装置は同じモノを使いなさい、このメーカーにしなさいと決まってるから」


『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』発売記念握手会、11月3日、4日(金・土)に東京と大阪で連続開催!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • No.49 Dec 4th 2017
  • No.48 Nov 27th 2017
  • No.47 Nov 20th 2017
  • No.46 Nov 13th 2017

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】伊東紗冶子、キャスター界No.1プロポーション

もっと見る

新刊のお知らせ

  • モーリー・ロバートソン『挑発的ニッポン革命論』
  • 馬場ふみか2018カレンダーブック
  • プロ野球プレイボーイ2017
  • 『伊東紗冶子ファースト写真集 SAYAKO』
  • 馬場ふみか写真集『色っぽょ』

 

プレイボーイコミックス

メルマガ会員&アンケート 2017年No.49

ミスグラジャパ!グランプリ選出!! 最終WEB投票受付中!!