週プレNEWS TOP 連載コラム セルジオ越後のサッカー「一蹴両断!」 セルジオ越後が絶賛する鹿島の補強「柴崎が欧州移籍しても痛手にはならないだろう」

連載コラム

セルジオ越後が絶賛する鹿島の補強「柴崎が欧州移籍しても痛手にはならないだろう」

[2017年01月26日]

的確な外国人補強をした鹿島は“ブレない”チームだと語るセルジオ越後氏

Jリーグ各クラブが続々と始動している。ストーブリーグでは中村俊輔が磐田に、大久保がFC東京に移籍するなど、例年以上に活発な動きがあったけど、なかでも僕が注目したのは鹿島だ。

昨季はJリーグと天皇杯の2冠を達成。クラブW杯でも決勝に進出し、レアル・マドリードを苦しめた彼らは、実に的確な外国人補強をした。

まず神戸からFWペドロ・ジュニオールを獲得。日本のサッカーに慣れていて、昨季も11得点。即戦力だ。

そして中盤には、新潟からリーグ屈指のボランチであるレオ・シルバを獲得。豊富な運動量で相手のボールを奪い取るだけでなく、攻撃面でも力を発揮する。彼の加入は本当に大きいよ。鹿島のボランチといえば、クラブW杯のレアル戦で2得点を決めた柴崎ばかりクローズアップされるけど、レオ・シルバ、ベテランの小笠原、日本代表の永木と実力者がズラリとそろった。仮に柴崎が欧州移籍しても痛手にはならないだろう。

Jリーグで実績のあるふたりに加えて、さらに前線にはブラジル代表歴(1試合出場)のある23歳のFWレアンドロも加わった。どこまで活躍するかは未知数だけど、面白いチャレンジだと思う。FWも2列目もこなせるらしいので、前線に激しいレギュラー争いをもたらすかに注目したいね。

この3人のブラジル人の獲得を見てあらためて感じたのは、鹿島は“ブレない”チームだということ。

Jリーグ開幕当初から外国人選手はブラジル路線を継続していて(アジア枠を除く)、監督も日本人以外はすべてブラジル人。やっているサッカーも4バックをベースにした、1点を守り切る手堅いサッカー。Jリーグにはフロントや指揮官が代わるたびに強化方針や目指すサッカーがガラリと変わるクラブが多いなか、鹿島は成績に多少の浮き沈みがあっても変えなかった。


ジャンプ50周年展VRはこちら!

連載コラム

Column

連載コラムを見る

Back Number

  • Apr.30th 2O18 no.18
  • Apr. 23rd 2O18 no.17
  • Apr. 16th 2O18 no.16
  • Apr. 9th 2O18  no.15

 

Gravure Gallery

もっと見る

MOVIE Channel

【動画】傳谷英里香。「ベイビーレイズJAPAN」リーダーが、女神すぎる美ボディを初お披露目!

もっと見る

新刊のお知らせ

  • 大原優乃『ゆうのだけ』
  • 小宮有紗『Majestic』
  • 飯豊まりえ『NO GAZPACHO』
  • 『クルマプレイボーイ』
  • 『週プレ グラビアスペシャル増刊 NEW YEAR2018』

 

メルマガ会員&アンケート 2018年No.18